花歩る木

山と旅がすきです

宇野千代展 (横浜・山手)

2017-06-30 13:59:09 | 美術館

6月27日横浜・山手を散策しました。

      友達5人で、横浜駅で集合し、山手エリアにある 「港の見える丘公園」内にある
      「神奈川近代文学館の「宇野千代展」を見てきました。  ~ 7月17日まで

       
      
        みなとみらい線・元町駅をおりてエレベーターで昇った出口が 「アメリカ山公園」、一気に空が開けて
     色とりどりの花が出迎えてくれました。「港の見える丘公園」は、すぐ隣に続いています。

      生誕120年 宇野千代展ーー華麗なる女の物語

      宇野千代(1897~1996)は、98年の生涯で、小説家、雑誌編集や着物のデザインなど
     多彩な活動をした人です。多くの文化人と恋愛し、結婚をし、交友を糧に歩んだ人生
     だった
ようで、展示の着物や愛蔵の品々は素晴らしかったですが、それよりもイケメンの
     ボーフレンド
達の写真は、ため息が出るほど特別豪華でした。
      
      
      展望台からの眺めは(多分)横浜随一。名前の通り横浜港、ベイブリッジなどが一望できます

      
      
      「港の見える丘公園」の花たち。自然に植えられたローズガーデンは、見ごろを過ぎていても美しい

      中華街

      
      中華街でランチ

      元町をぶらぶらして、久しぶりの横浜が外国のように新鮮に見えました。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 入江一子シルクロード記念館... | トップ | 八国山緑地 (東京都・東村山市) »
最近の画像もっと見る

美術館」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL