桑の海 光る雲

桑の海の旅行記・エッセー・書作品と旅の写真

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

十数年ぶりの栂池自然園

2016-10-08 17:53:26 | 旅行記
10/6(木)

10,11月と土日に仕事が連続して入っており、なかなか休めないので、今日休みをとり、栂池自然園に紅葉を見に行ってきました。栂池自然園に行くのは、白馬風の子に泊まったときに訪れて以来、恐らく15年以上ぶりです。その時の自然園はきれいに紅葉していたのですが、あたり一面真っ白なガスに覆われていて、自分の周囲以外は何も見えませんでした。

今日は登山口では、山の上の方は雲の中で、小雨もぱらついていたのですが、上空の方は明るい感じがして、ひょっとしたら山の上は雲の上かも知れないと思って、ゴンドラとロープウェーで上がってみると、やはり思ったとおりでした。一昨年登った小蓮華山から白馬岳まで、何とかガスの切れ間に眺めることができました。

前日自然園を訪れた友達の話どおり、紅葉はほとんど終わっていましたが、一部にはまだきれいなところもありました。白馬大雪渓は登山禁止になっているとのことでしたが、自然園の一番奥にある展望湿原から見ても、ひどく雪が少なくなっているのがよくわかりました。

途中で雷鳥を見かけました。今まで見た中では一番標高の低いところでの目撃となりました。ちなみに自然園は標高約1,900メートルほどしかありません。今までは火打山の頂上直下の標高約2,400メートルのところで目撃したのが一番低いところでした。

2時間半ほどのんびり歩き、下山後は小谷村の蕎麦屋・蛍で蕎麦を食べて帰ってきました。これが今年最後のハイキングになりそうです。































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2回目の金峰山 | トップ | GW花の旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事