gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

なんとも間抜けな泥棒 本物盗らずレプリカ延べ板を

2017-04-20 08:18:22 | 報道・ニュース
 盗み出したのは本物の金ではなく、そのレプリカ。何とも間抜けな泥棒です。

 17日未明、新潟県佐渡市の博物館に何者かが侵入し、展示されていた金の延べ板5枚が盗まれているのが見つかりました。警察によりますと、玄関脇のガラス戸が割られていて、警備員が到着するまで28分間の早業でした。ただ、盗まれたこの金の延べ板、実は本物に似せて作られたレプリカで、その両脇に展示されていた銀の30キロの延べ棒3本と約1キロの金の鉱石は無事でした。警察は窃盗事件として捜査しています。

 漫画のような話ですね。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杉並区床下遺体「リフォーム... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。