gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人工呼吸器の電源切れ患者死亡 何者かが切った可能性も 水戸市

2017-02-13 08:25:05 | 報道・ニュース
人工呼吸器の電源が切れた状態で、入院患者が死亡しているのが見つかった茨城・水戸市の病院が会見し、謝罪した。

病院側は、82歳の男性が死亡しているのが見つかる1時間前、介護士が電源が入っていたことを確認し、故障はなかったと説明した。

一方、警察は、何者かが電源を切った可能性もあるとみて、慎重に捜査している。

誰が何のために電源を切ったんでしょう。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いじめ訴えていた中1男子が自... | トップ | 愛知・一宮の中3男子自殺で... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。