しょおとみつおとまお

パパが始めてくれたブログのバトンを受け取ったママが、
パパ・ママ・昭力と充力と真力の成長と日常を語っちゃいます。

お友達とのこと親のかかわり方

2017-07-01 06:18:40 | しょお10歳

最近、『致知』という雑誌の定期購読を始めたママです

遺伝子の研究をされている村上和雄先生のお話の中に、「『what`s new?』と毎日聞いてくる教授が居て…」

とあったんですが、前に勤めてた職場の教授も、「what`s new?」と聞いてくるときがあって

たまたまなのか、村上先生のことをご存知だったのかはわからないけど、すごく懐かしかったです。

 

さて、タイトルのお話。

5年生になって、お友達とのトラブルがあった昭力さん。

先生や周りのお友達からは、昭力さんは悪くないし正しいことをしてると言ってもらえて

もちろん、昭力が間違ってることもあったり、意見が合わないこともあったようですが、私ともたくさん話して、お友達とのことを学んでくれたようです。

大変だったけど、昭力も私も、絆を深めるいい機会をいただきました。

少し気になるのは、親や先生の反応。

もちろん、悪いことをしたら謝るのは当然だけど、いつまでも悪者扱いしたり、何かあったときに決めつけたりはしてほしくない。

自分も知らず知らずのうちに、いじめる側になることを考えてほしい。

私も気をつけなきゃ。

もちろん、1番は親に責任があるんだけど、みんなで乗り越えていけたらなと思っています。

「みんな自分の子のことでも忙しいのに…」って意見もあって、もちろん自分の子を犠牲にしてまでも、とは思わないけど。

 今まで、昭力を犠牲にしてきたことあるから、ママ、気をつけて~

いろんな意見があるけど、いいものはどんどん取り入れて、でも自分を見失わないようにと書いてみました

心強いのは、クラスの保護者が「きちんとみんなで話をして解決したい」と、前向きに思ってくれていること。

子どもたちのために、正しく行動していきたいと思います

 

この笑顔を守る責任があるからね

   

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真力 餅踏みと職業占い | トップ | 台拭き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

しょお10歳」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。