潜水人生の日々

いつ浮上できるとも知れないひきこもりの日々

都内59万戸で停電…東電の送電ケーブル出火

2016年10月12日 | 時事
都内59万戸で停電…東電の送電ケーブル出火(読売新聞) - goo ニュース
ケーブルから出火と聞いて、すぐに鎮火されたと思いましたが、結構な勢いで燃えていましたね。
最近は涼しくなってきたので、暑さで自然発火という可能性も低いですから、原因はなんだったのでしょう。
ここ数年で増えてきたネズミでしょうか?それとも老朽化?
東電が記者会見を開いていましたが、どうもあの光景を見ると、原発事故直後からずっとやっていた頃を思い出して、嫌な感じがしてしまいます。
それは東電の方でもそうかもしれませんが…

しかしたった1ヶ所でのことで、これだけ広範囲に影響がでるのですね。
停電したのは1時間程度だったようですが、それでもこれだけの混乱があるのですから、どれだけ電力に依存しているか再認識させられますね。
信号が消えてしまったところもあるようですが、やはり別系統なり緊急時は短時間でも動くようになっていないのは、どうなのでしょう。
今日は家の近くは停電しませんでしたが、以前停電した時には、近くの信号は非常用の発電機が動きだして、そのまま動いていましたが、そうではないところもまだ多いのでしょうかね?
それに最初は停電した戸数がもっと少なく発表されていましたが、後からこの数字になりましたから、その点も把握できていなかったというのも、不安にさせられます。
今回は自然災害ではないですが、起きる前に対策がなってないというのが分かったのは、ある意味では良かったのかもしれません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最新スマホ、生産打ち切り=... | トップ | 同種7割が35年以上経過=... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL