愚昧親爺記  ~ちぎれ雲きょうはどこへ行くのやら~

何でも興味津々のちぎれ雲。
あっちへふらりこっちへふらり飲み歩き記録など。

サッカー観戦後に酔う @わだつみ

2012-04-29 19:30:06 | 関内・伊勢佐木長者町(関内駅)
等々力で快心の勝利

向かった先は、わだつみ。



お通しに玉子焼き。

ビールは戴いて来たし、お魚だから最初から日本酒にしますかね。



えっとぉ。左端の切れているやつを頼んだはず。



一応メニューを確認したんだが、



とりあえず、刺し盛りでしょ、



中身は



鯵が好きなんですよ。
それで、このPCもあじと打てば鯵が一番に出てくるんです。
このブログでも味とすべきところを鯵になっている箇所がたくさんあるのはそれが理由なんです。
過去のミスをこの瞬間に取り消そうとする愚昧であった。

さて、



塩焼きを頼んだら、たたきかなめろうが食べたかったといきなり苦情がでたが、たまには塩焼きも食べさせてください。



春野菜の天ぷら。
詳細はBlogで。あ、これがBlogだもんね、何枚か前の写真で!



〆前に牛乳。



ガーリックチャーハンもとえ、にんにく焼飯をいただいて、



あら汁飲んで、ご馳走様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薬研堀 八昌

2012-04-20 18:45:44 | 中四国九州
さて、広島といえばお好み焼。
薬研堀に向かいますかね。
ここにはお好み焼を代表する八昌があるのだ。



ここは行列店。行列覚悟で向かったが、待ちは3名。
ラッキーかも。

でも、前の3名は直ぐに案内されたが親爺は
さらに30分近く待ったかな。

ご案内。
デフォルトのそば肉玉。
焼き待ちにはビールとすじポン。



いやぁ、結局先ほどの3名と同時に供されたのだったが、親爺はビールで時間つぶしてたけど、先客の方々はひたすら待ち待ち待ちだったね。

お好み焼の問題点はオーダーしてから出来上がるまでの待ち時間。



こうやって店内の様子を伺うのだが、



とはいえ、なかなか間が持たない。



店内には暖簾分けをしたお店の名前が額に入れてある。
もちろん、以前このブログでも八昌の暖簾が飾ってあることを紹介した伊勢佐木長者町のじゃけんもある



間が持たないでしょ。



親爺は良いんだよ。スジぽん食べながらビール飲んでいるからね。



このセットがテーブルに並べられると、出来上がりが近い(かも?)ってサイン。



これからさらに10分待って、



これが八昌のお好み焼。

図柄としては、こっちのほうが良いかな?



ということで、広島B級グルメのたびでした。



ショップ情報は個人の備忘録程度のつもりで掲載しています。未確認情報も含まれていますので正確な情報は食べログなどでご確認ください。
薬研堀 八昌
広島県広島市中区薬研掘10-6
・広島電鉄宮島本線「銀山町」より、徒歩7分
営業時間:【火~土]】16:00~22:30(L.O.22:20くらい)、【日・祝】16:00~21:00
定休日:月曜、第1第3火曜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島ラーメン @陽気

2012-04-20 17:00:19 | 中四国九州
久々の広島散策。
広島のラーメンといえばとんこつ醤油味。
全国区に知られているのは尾道ラーメンだが、広島人間からすれば広島ラーメンというカテゴリーが存在するのだ。
その広島ラーメンを代表するのが陽気。
一応、広島市内だが不便なところにあるのだ。
車がないと普通行こうとは思わない。
だが、行くっきゃないぜ。

広島市内の移動手段といえば、広電の路面電車。



残念ながらサンフレッチェ号は目的地が違っていたのでパス。
次の江波行きで終点まで。
ここからは歩くしかない。



やってきました。

メニューは中華そばのみ。
数だけを注文する。今回は独りなのだが、「ひとつですか?」
って聞かれる。
「ひとつ、ニンニクお願いします。」
そう、たったひとつだけ選択肢があってニンニクのトッピングが出来る。
でも、どこにも書いてなかったと思うが。



なんとも潔いテーブル。

先客は女性2名。
取材の方のようだ。メモを取りながら食べておられた。
大きなカメラもお持ちの様子だったが親爺が居る間はかばんの中だったね。



さて、ラーメン。
なんだが、とがっているというか塩辛い感じ。
こんなんだったけ?
いや、陽気の味なんだけどね。
ちょっとお醤油が多めだったのかしらね。
それとも減塩生活が浸透したのか。
でも、満足の完食。



ショップ情報は個人の備忘録程度のつもりで掲載しています。未確認情報も含まれていますので正確な情報は食べログなどでご確認ください。
陽気
広島県広島市中区江波南3-4-1
・広電「江波」駅下車して舟入通りを南下、山の手前の「江波二本松2丁目」を右折し、つきあたりを左折。江波駅から、徒歩10分程度。
営業時間:16:30~24:00
定休日:毎月1・12・13・26日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加