愚昧親爺記  ~ちぎれ雲きょうはどこへ行くのやら~

何でも興味津々のちぎれ雲。
あっちへふらりこっちへふらり飲み歩き記録など。

名古屋駅前の人気立ち飲み屋で酔う @魚椿

2016-09-24 19:00:04 | 東海・中部・北陸
岐阜駅で名鉄に乗る男がいた



岐阜‐名古屋間はJRの方が安くて早い区間なのにもかかわらず



男はいつもJRを使っていた。
ただ、この日の男はいつもと違う行動をとっていた。
男は名鉄駅前の居酒屋で飲んだ。
ほろ酔い気分で店を出ると雨が降っていた。
土地勘のない男は焦った。
だが、駅前から地下道があることは知っていた。
なぜならば、そこを通ってやってきたからだ。
男は迷わず名鉄駅に向かった。





男は名鉄名古屋駅に立っていた

瞬間移動、いや、男は道中居眠り、ハードボイルドがそんな筈はない。
思案を夢の中で巡らせていた。

さて、名古屋、どうしたものか。

地図上では南西方向に進まねばならない。

だが、自分がどの方向を向けば南西なのか男は解らなかった。
そう方向音痴だったのである

案内版を見ながら右往左往、気が付けば名鉄駅を一回りして振り出しに戻る。
流石にそこまでやるとニヒルなアヒルになってしまうハードボイルド。

男は意を決し地下に降りた。

地下道を通って椿町に出た。

素直に地下コースを通れば良かったと思う様子を微塵にも知られてはならない。



椿町には立ち飲み店が何軒もあるのだ。
過去に一度、男はこの町を歩いていた。
そのときは、八兵衛と大黒という二軒の立ち飲み屋に入った。
だが、男の真の目的地は魚椿だ。

このまま、魚椿行きを諦めてしまってはただの負け犬である。
いや、言い過ぎた、単に運がなかったハードボイルドエッグである

久々のボイルド調、煮詰まってなかなか調子が出ない



気が付けば魚椿の店頭に立っていた

「一人なんじゃけど、入れるかのぉ」

男はハードボイルドに決めるには河内弁が良いと思っていた

しかし、男の口から出たのは広島弁であった

男は頬を染め俯いた

弱気なハードボイルドである。

「此処どうぞぉ〜」
かしまし娘のような明る声で若い男性店員がカウンターの一角を指差した。



その指先方向に居た二人が左右にサッと移動した。

そう、新たな飲み人の為の空間がそこに現れたのである。

全国津々浦々何処も同じ立ち飲み屋でのルールである。

「すんませんのぉ」

男は両横の先客達に一言声を掛けた。
右横の2人組が
「お兄さん、えらい訛ってるねぇ、何処の人」
「大阪から仕事で来ました」
「へぇ〜、大阪の人?」
完全に疑われていた。
「ようこそいりゃ~た。ゆっくりしてってちょ♪」
「何がオススメなんかのぉ」
「そりゃぁ、造りの盛合せがどえりゃあおすすめや。それから天ぷら」

男は焦った。今日はハードボイルドのはず。このままでは完全に雰囲気に飲まれてしまう。

「生くだせぇな」



怪しげな言葉遣いに2人組は2人だけの会話に戻っていった。

サッと、反対の男性が使い捨てのオシボリを手渡してくれた。

取り皿は此処。



初見者にはまず分からない

素晴らしきかな立ち飲み仁義

その男性の向こう側にいた2人連れがお帰りになられ、それと入れ替わるように若い女性の二人連れが入店。
その男性客は彼のホスピタリティ精神をその女性たちへと費やした。

男はハードボイルドを取り戻した。

「お造りをくだせぇな」
「三種盛と五種盛がありますが」
「三種」
ハードボイルドに応えた。

「お造り三種盛お待ちぃ〜」



相変わらず声高の店員である。

「○○、○○海老、ボラ、〇〇、○○デス」

声がでかい割に聞き取り難い

しめ鯖、ぼたん海老、ボラ



ワカメ、生しらす



と勝手に判断した。

まぁええやろ。

ワカメの下はカツオのタタキであった



ハイボールを願い出た。



「えらい小っちゃいのんで飲むんですね」
メガジョッキ女子がちょっかいを出して来た。
「なぁ〜に、飲み過ぎると



男の周りの空気が凍てついた
再びハードボイルドに戻った。



しかし、一部の男達には受けていた
男はそれで満足であった

「天ぷら盛合せ頂戴な」

1人の世界に戻った男は言った。



天盛だ。



流石だ。



姉妹店の天ぷら盛合せには前回失敗したが、これは間違いないことを確認した。

芋ロックを何杯かお代わりした。



暫くして堪能した男の口から言葉がもれた。

「ご馳走さまでした。」



闇の中に千鳥足がひとつ消えていった。



ちなみに、お店のHPによると、
魚椿
名古屋市中村区椿町8-6
営業時間15:00〜24:00 (年中無休)
facebook
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋で飲む前に岐阜で喉を... | トップ | 新なにわ大食堂で〆ラー @麺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL