愚昧親爺記  ~ちぎれ雲きょうはどこへ行くのやら~

何でも興味津々のちぎれ雲。
あっちへふらりこっちへふらり飲み歩き記録など。

工芸茶

2016-10-17 15:00:09 | 日記
エエんですよ。
文化の匂いがしない酔っ払い親爺でも。

実際そうですから・・・


ノーベル文学賞。
ボブ・サップ

凄い人を選んだもんです。

え、違うって

ファーストネームでボブさんなんて掃いて捨てるほどいらっしゃる。
そりゃ失礼いたしました

実際問題、片隅で聴いていたボブ・ディラン

このフレーズでしか知らなかったりして・・・

処がそんな文化には何の縁も所縁もないおっさんでも、花を愛で茶を嗜むんですよ。

私じゃぁないですけどね

工芸茶。

こげ茶じゃ、ないですよ。

茶葉を細工して、見て楽しみ飲んで楽しむお茶。



こんなんです。



これをグラスに入れ



お湯を注ぐ



そうすると



花が咲く



あんまり変わりませんでしたか



もう一つは



こんな感じで花が咲いて



美味しいお茶が頂けるんです。



三煎くらいは頂けるんだそうです。



たまにはこういう優雅な記事もエエもんでしょ



お茶請けには






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遅めの居酒屋ランチ @驛中酒... | トップ | 飯要らん予定でしたが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL