愚昧親爺記  ~ちぎれ雲きょうはどこへ行くのやら~

何でも興味津々のちぎれ雲。
あっちへふらりこっちへふらり飲み歩き記録など。

秋ナスは嫁に

2017-10-03 20:00:00 | 隠れ家呑み
「愚昧ちゃん、秋茄子は嫁に食わすないうの知っとるけ?」

「一応、こう見えて常識人、それぐらいは知っとりますがな」

「実はな、秋茄子は種子がないので子宝に恵まれなくなるっちゅうのんが真説らしいで。」
「そりゃぁ、ご親切に!」

「そこに絡んでくる
「食文化研究科の私の見解を述べさせてもらおうかな。『秋茄子は美味しくついつい過食してしまいがちであるが、毒性のアルカロイドを含有し、健康を害する恐れもあるので大切な嫁に食べさせてはならない。』ってのが一般的かな」

「ははは、またまたそんなつまらん話を知ったかぶりして。『秋茄子は、美味なので他家からの憎い嫁に食わせてはもったいないという姑の嫁いびり』でしょ!」
「え、そんな説が・・・。茄子は体を冷やす食べ物に分類され、特に女性にとって体の冷えは健康によくないためかと思っておりました。」

「あのぉ、ちょっとエエですか?」
「何かね?」
「どうして、愚昧ちゃんの発言が科学的で、私のは非科学的と申しますか、社会学的と申しますか、単なる俗説なのでしょうか?」

「まぁ、それがそもそも我々の生き方じゃないか!」
「愚昧ちゃんが科学的で、私が情動的・・

「自分が思うようには世間は見てないってことさ!」
「熨斗つけて返したるわ!」

「で、愚昧ちゃん、今日の最後の茄子食べない。」
「それが言いたかったの

コメント
この記事をはてなブックマークに追加