坐花酔月 徒然日記

 「花咲く処に腰を下ろし 月を眺めて酒を楽しむ」 この一年、どんな年になるのか。

痛風薬

2011-09-15 21:42:08 | 痛風と耳鳴りと…


ついに歩くこともままならず、先週末に駆け込んだ(?)、S整形外科クリニック。
血液採取による検査結果も訊きに、水曜日の夜に診察してもらいました。
結果は、尿酸値「8.0」ということでした。トホホ。

医師との会話。
「こりゃ、治療しないとねぇ」
「そ、そうですね…」

「尿酸を抑える薬を出すから痛みと腫れが引いたら、朝と晩に飲んで!」
「一日2回ですか?」

「そう、朝に飲み忘れたら昼でもいいから」
「い、いやぁ晩もですか…?」

「………??」
「夜に薬飲んじゃ、酒が呑めないですよね」

「呑みながら飲んでも大丈夫だよぉ」
「(おもわず看護婦さんと医師の顔をみて)そ、そうですかっ!!」


呑み心は懲りないのである。
秋の日差しが美しいぃ~っ!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中秋の名月 と 封印酒 純... | トップ | Mockingbird »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

痛風と耳鳴りと…」カテゴリの最新記事

トラックバック

「ビールを飲んでも大丈夫」な無理のない痛風克服方法 (痛風を最短で解消するレポート)
痛風は、正しい解消法の知識を身に着け、日々の生活の中で改善方法を実践し続けていくことで克服できるのです。ぜひ、貴方もこのレポートを利用して無理なく痛風を克服してください。