坐花酔月 徒然日記

 「花咲く処に腰を下ろし 月を眺めて酒を楽しむ」 この一年、どんな年になるのか。

「城下町鶴岡を訪ねて」石原純一

2016-09-17 18:30:00 | 町内会とPTA活動など

育成部主催の研修会として初めて歴史講演会を行った。
荘内神社宮司の石原氏は、「城下町鶴岡を訪ねて」と題し、酒井家初代、忠次(ただつぐ)から、3代忠勝(ただかつ)が鶴岡に入部する頃の様々なエピソードを…、また9代忠徳(ただあり)の「大倹約令」や「下され切り」という、藩財政の非常事態と凶作続きによる農民のみならず藩の疲弊にも拘らず、農民に米を無償で配給したという美談を、楽しく明るくPOPに講演してくれました。


とても良かったと思います。
新海町50周年記念に向けて、町内会の方々に地元の歴史に興味を持って、実行委員会の主旨に賛同してくれることを願ってのイベントでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 庄内の名水 飲み歩き 著:... | トップ | イイ感じだぁ… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

町内会とPTA活動など」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。