夢幻泡影

「ゆめの世にかつもどろみて夢をまたかたるも夢よそれがまにまに」

世間様に申し訳ない

2011年01月29日 11時47分27秒 |  岬な日々


先日の日記にも書いていますが、テレビをつけると、大雪の被害が関東平野以外の日本からたくさんもたらされています。亡くなったり、怪我をされている方も大勢いらっしゃる。悲しいことです。

それに加えて、火山の噴火や、鳥インフルエンザの発生。
何十年もかかって築き上げられたものが一夜で灰燼に帰してしまう。
そんな事態を目の当たりにされている方にはお見舞いの言葉もありません。

でも、このいすみ市では、昨日もおだやかに、まったりと日が暮れて行きました。
こんなに美しい時間を持てることがなんだか申し訳ないって感じに思えてきます。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1000円床屋はどこかいな

2011年01月29日 00時49分26秒 |  岬な日々


岬を走っておりましたら、この子が、おいちゃん、髪がウッドペッカー見たくなっちゃった。岬にも1000円床屋があるって聞いたけど、案内してよって、、、

田んぼを蹴る鳥さんでした。

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

通販でフィラリアの薬

2011年01月29日 00時34分29秒 |   ボクとおいちゃんと ときどきおねえ


チビ太は保護した時に すでにフィラリアの強陽性でした。
でも、警察に届け、保管中(?)なので、手術はできない。
ということで、獣医さんと相談して、フィラリアの駆除薬を投与することにしました。

最初は駆除薬の影響でアナフィラキシーを起こすかもって脅かされ、
次には40日くらいすると、死んだフィラリアが肺に行く動脈に詰まり、重篤な症状になることもあるって脅かされましたが、
幸いなことに、なにもなく、当人はしごく平穏無事にのんびり、まったりと過ごしております。

フィラリアの駆除薬、獣医さんのところで薬をもらうと、とても高いのですね。
チビ太にもろくに触らないで、薬を出してくれるだけなのに、診察料も入っている。
貧乏なおいちゃんにはかなりの負担。

ということで、通販をチェックしましたら、半値以下でありました。

どうせ、ろくな診察をしないのであれば、これでもよしとしようということで、発注。昨日届きましたので、早速一回目の投与。
チーズ味のペレットなので、チビ太は喜んで食べてくれました。

これで、少しはよかった。



なお、チビ太は散歩のときに、草むらを走り回るのが好き。蚤やダニを連れてくる恐れがありますので、フロントライン(注射は平気なのに、ただ液を垂らすフロントラインはチビ太は大嫌い。これをやるとしばらくは人間不信に陥りますけど)も 通販で取っています。これも獣医さんのところで貰うよりも2/3くらい安い。

着物を着せたり、アンカを入れたりってことはしませんけど、犬を飼うって結構出費があるんです。少しでも減らさなければね~


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

タイガーマスク現象

2011年01月28日 10時05分12秒 |  これがまあつひのすみかか我が日本


数字の上では、最高気温が10度を下回る立派な冬の日々が続いています。
でも、ここ多摩川では、暖かいというより、散歩をしていると暑いと思うような陽射。風がなければ、お散歩仲間の方にはジャンパーを脱いで汗を拭いている人も。



ほんとうに私って幸福な環境に恵まれているって思います。
同じ日本のこの時期、、、、関東南部以外では、ほとんどの地域で、異常な寒さに見舞われ、大雪で、亡くなったり、怪我をしたり、難渋している人がたくさんいるのですよね。
おまけに火山の噴火や、鳥インフルエンザの発生。。。
被害にあわれている方々に心からのお見舞いを申し上げます。




それにしても、タイガーマスク現象。
暖かいニュースでした。そして、その余波はまだ続いています。

隣の大原には現れたのだと聞きました。
岬にも乳児院があったりしますので、タイガーマスクさん、来ないかな、来ないなら、幸運な私がその幸せのおすそ分けを、、、私がタイガーマスクになってもいいかななんて思ったりしていましたが、

一人ではやれる範囲、活動の深さに限度がある。
私一人では、何度かやるうちに息切れがしてくるでしょうね。

今までのこのような現象を見ていると、日本人の特性、、、、何でもすぐに忘れてしまうってのがもろに出てくる。

社会福祉の現場の人からも、施設やボランティアが取りざたされると、わっと人が来るけど、すぐに冷めてしまう。嬉しいけど、あまり役に立たない、時にはその対応で却って邪魔になるって苦笑気味の話を聞いたこともあります。

欧米では、大きな施設がすごく少ない職員でまかなわれていたりする。
残りは、ボランティアなんですね。
子育てが終わって、すこし時間が取れるようになると社会還元へと目が向く人が多い。
福祉だけじゃないんです。学校の図書館やそのほかの市民活動なんかもこのボランティアの人たちががっちりと活動している。
日本のように一過性の運動であれば、受け入れる施設としても、おいそれとは日常活動に組み込めないのですけど。
自分のキャリア、知識に沿った活動を選んでいる人が多いし、何年もその活動をやり続けている人が多いので、フルタイムのベテランなどよりも頼りになる人も随分といるのです。

相手の施設は、その人を長期的な戦力として、スケジュールに入れて任せておれるのですね。

知人の奥さんたちの中にも、老人用のディケアセンターや、家庭内で暴力を振るわれている子供たちの一時避難所や、子供たちの活動を支援するグループや、、、、そして国内だけでなく、途上国の子供や、社会に対する援助活動にまで、このようなボランティア活動をしている人がたくさんいるのですね。
このような活動が、当たり前になっているので、その家庭でも、お母さんの活動として、旦那さんも、子供たちも、お母さんをバックアップしている。

家庭だけでなく、ボランティア活動が社会に認められ、当たり前のものになっているから、ボランティア活動をしている際の事故などにも、きちんとした対応ができるような保険やシステムができている。



異常な寒さ、雪、そして災害、、、、
経済不況、親に捨てられる子供たち、社会に見放される老人たち、、、
あっちでも、こっちでも殺伐としたニュースが満ち溢れています。



そんななか、タイガーマスクの運動は、暖かさの輪を広げています。
願わくば、この運動がもっと広く、深く、そして持続的に拡大していけば、
そんな気持ちの輪の広がりは、日本全体にも大きな変革をもたらすのでしょうか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

喉元過ぎれば、、、、

2011年01月28日 00時05分02秒 |  多摩川散歩


昔々、この子たちは大きな群れで生活しておりました。
それで、カスミ網で一網打尽、、、、、
哀れ、焼き鳥屋へ直行なんて、悲劇を経験しております。
なので、人間に対しての警戒心が強いなんてことを言われたりしておりましたが、



あの大殺戮から半世紀以上もたつと、もう忘れてしまったのでしょうか。
多摩川では、人間をそれほど恐れてはいないみたい。

近くにいる鳥なんですけど、あまりにも見慣れちゃって、なかなか撮ろうとはしない鳥の仲間。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

賢い鳥

2011年01月27日 23時56分31秒 |  多摩川散歩


欧米ではこの鳥の仲間たちは賢さの象徴みたいに扱われることがあるんですけど、なぜでしょうかね。
引き籠って地上の様子を悠然と眺めているってことから来たイメージでしょうか。



そう言えば、知人からも、頭上をオオタカやミサゴが飛んでも微動だにしなかったってメールが入ってきておりました。

引き籠って、世の中を見渡すだけなら、私と同じなのですけど、、、

私には、だれも知的なイメージを持ってくれないってのは、、、、こりゃどうしたことでございましょうかね、、、、
まあ、利口っぽいなんて思われるのは、私としても不愉快ですから、文句は言いませんけど、、、、
でも、私に対するイメージは、引き籠りのぼけ始めた老人、、、、
挙動が同じなのは認めますけど、ずいぶんとイメージが違うではないですか。。。



コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

エリマキチドリ、、、じゃないってば

2011年01月22日 08時10分19秒 |  多摩川散歩


襟巻千鳥。。。なんて真に受けないで下さいよ。
ほんとうは怒る千鳥、
ほれ、またすぐ真に受けちゃう。



人を信じるのは、相手をよく見てからにしましょうね。

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

マヒワ???  だから鳥は嫌よ、、やっぱりカワラヒワだそうです

2011年01月22日 08時09分59秒 |  多摩川散歩


多摩川の写真、まだ残っている分なんですけど、これがどうもわからない。
最初はカワラヒワだって思っていたんですけど、違うじゃない。
マヒワ???

誰か教えてください。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

いすみのバレリーナ

2011年01月21日 13時18分17秒 |  岬な日々


なんせ、多摩川バレエスクールの広報担当をやっております関係上、このブログには何度もうちのバレリーナたちをご紹介しております。
コサギちゃんたちの素晴らしいグラン・ソロ、グラン・パ・ド・ドゥ、そしてカ・ド・パトル。。ときには鴨ちゃんたちスタジエのレッスン風景まで、、、
あら、ユリカモメちゃんもいたんだった

なのに、なのにですよ、いすみ市に住民票まで移しているのに、いすみ市でのバレリーナの紹介を忘れていては片手落ちも甚だしいのではって、別に誰も文句は言いませんけどね、、、、なんせ誰も見ていない弱小ブログなんですから。

ということで、今日はいすみバレエ教室のエトワールのグラン・ソロをお目にかけましょう。

なに?
「え~っと、この時左手は、、、、」なんですと。
写真撮るって言っていたじゃない。振り付けなんかちゃんと覚えておきなさいよ。



「うん、着地決まった」? 
あんたね~ 体操競技をやってるんじゃないんだから。。。




なに、「ギエムだって、新体操、、、、、」
なんばいいよっとね、、、
破門するばい。



なに、「これだけ美しければアイドルになれるから、破門されても食べていける。韓国のグループもマネージメントから出ちゃったし」?



なんて、ほんと、近頃の子たちは何を考えているんでしょうね~。





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと昔風なブロマイド的に

2011年01月21日 09時48分08秒 |  多摩川散歩


この子、スターになれるでしょうか?
今の世の中、、男か女か分からないところが素敵だったりして。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加