夢幻泡影

「ゆめの世にかつもどろみて夢をまたかたるも夢よそれがまにまに」

多摩川散歩 いとおかしきもの ウミネコ そして、、、 071028

2007年10月28日 17時37分29秒 |  多摩川散歩


いとおかしきもの
ウミネコ
鳥の姿なるも、声は猫



水鳥なるも、芝生で遊び

優しきカモメの同属なるも、
顔つきはげに恐ろしげ



性格はいと悪しく

大きさまさるカワウにも、戦いを挑む

飛び姿は勇壮にて




戦いに行く武士の如し





ところで付録です。
ユリカモメが帰っています。
きっちりと冬服になっていましたね。



それとトビ(相変わらず、ちょっと?つき)



以前もトビだとかチョウゲンボウだとか騒いでいましたよね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

多摩川散歩 紅葉  071028  

2007年10月28日 16時28分13秒 |  多摩川散歩
台風一過、今日の多摩川は晴天に恵まれました。
日曜日と重なり、河川敷はたくさんの人々がスポーツや犬を連れた散歩でにぎわっていました。



疲れた身体には花水木や桜の紅葉が沁みました。



同じ紅葉でも、あるものは賑やかに、またあるものは染入るように



そして、そこはかとない哀愁を覚えさせるようなものも


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

波兎から 染付唐子文瓔珞茶碗へ

2007年10月26日 11時00分24秒 | 芸術・文化
昨日(今朝ですね)の日記「兎のダンス」は、波兎(鳩じゃありませんよ、バニーちゃんです)を念頭に入れているのは、皆様は当然お分かりのことと思います。
謡曲の竹生島(ちくぶしま)に源流をなんて言われていますけど、でもこの兎ちゃん、もっと前からいても不思議じゃないような感じがしますけどね。
竹生島は琵琶湖の島ですけど、因幡でも白い兎ちゃんが海で遊んでいたじゃないですか。
もともと仏教では水の嫌いな兎でさえ、仏様のおかげで水遊びできる、、、、
バニーの水着はここに由来する、、、なんちゃって。
もちろん、冗談ですってば。
こんなの学会に発表しないでよ。

それで波兎なんてたくさんあるだろうって、家の陶器を見てみましたけど、これが一個もない。手近な食器棚だけをごそごそやっただけですので、他を探せば、どこかになにかあるはずなのですけどね。

その代わり、リンボウがでてきました。リンボウっていってもあの大作家先生じゃありません。私の地元、長崎の三河内焼きなどに普通に見られる文様。
ご飯茶碗も、お茶飲み茶碗もこれがついています。



そこで、今日は真面目にリンボウのお話。リンボウというのは三河内などで言われている方言なのでしょうか、正式には瓔珞(ようらく)文様。なんか凄い名前ですね。美術史家や、学芸員たちはこんな難しい名前を付けて人を煙に撒いているんですよね。嫌な人種ですね~
(ということで、今日のトップの写真のキャプションが決まりました。
染付唐子文瓔珞茶碗、、、、これでどうだ! なんかお茶漬け茶碗が神々しくなってきません?)

いや、神秘主義と文様の歴史は私がずっとやりたいと思っていた企画なんです。
まあ、神秘主義のほうは可愛い女の子を捜してきて会場で黒ミサをやりたいなんてはなはだけしからん思いがあったりしたのですけど、、、

文様の歴史はね、ほんとうに古代から文物の交流が世界的な規模で行われてきたことの証明でもあるのですよね。
貴方がお昼に食べたラーメンのどんぶりの縁についているあの変な線のつながりは中国の紀元前5000年くらい前のデザイン。戦いに行くときに亀の甲羅を焼いて吉兆を占った、それが源になっています。
南米の貝紫はヨーロッパを経て日本にも入っていますし、文様ではないけどコロンブスが持ち込んだタバコは100年もしない間に日本の中に溶け込んでしまった。
今でこそ禁煙運動が盛んですけど、日本の誇る茶道にもちゃんと煙草盆の扱いがありますから。
もっとも梅毒もまたコロンブスのお土産で日本に広まってしまいましたけど。
コロンブスは1498年にヨーロッパへ戻っていますので、あの当時ヨーロッパから日本へ、途中大概船を乗り換えたりしていますのでね、一年弱かかってたどり着いていたことを考えれば、ほんとうに早い、「文化」の伝播ですよね。

なんて道草は別にして、この瓔珞文様はもともとアッシリアの椰子の葉っぱの文様だったんです。パルメット文って言われています。それがギリシャ・ローマを経て、中国に伝わり、日本に入ってきた。中国ではこの文様をインドの瓔珞(ヘアバンドやネックレスみたいなもの)の名前を取って瓔珞文って名前をつけたのですね。

この瓔珞文が唐津に取り入れられてリンボウになりました。
写真は、普段使いの食器棚から発掘した瓔珞文の入ったお茶碗とお茶飲。おまけに月兎のデザインのカップをつけておきます。



現代でもちょっとはなれたところの風俗や文化が判り難いときがあります。それなのに数千年も前にすでに世界的な規模でこれほど活発な文物の交流があったというのを知っておくことはとても面白い。

先日ご紹介していた長崎楽会でも、少し前に砂糖の交易の歴史の話がありました。砂糖ひとつを見ても、世界的な視野に立たないと全貌が解明できないおもしろさがありました。

それが中世、近世の話であればことは当然なのでしょうけど、日本の稲作だって、東南アジアから古代の時代に入ってきたものですしね。
日本は島国、世界とは隔絶して文化を育ててきた、、、なんて、誰が言っているのでしょうか?

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

兎のダンス

2007年10月26日 00時38分54秒 | 私も作ってみました

結局十三夜は片見月になってしまいました。旧暦の十三日も月齢の13も岬にはこれなかったので。
仕方なく、十五夜でも撮ろうと今日、岬に参りました。でも撮影の用意をしているうちに空は黒い雲に覆われて、雨まで降り始めてしまいました。

びっくりして、嫦娥さんに電話を入れました。
(なぜ、電話番号を知っているかって? そりゃ歴史に残る美女ですもん、必死で探しましたよ)
「貴女の兎が波と遊んでいるところを撮ろうと、わざわざここまで来たのに、雲で隠してしまうなんてあまりに酷すぎる」ってかき口説きましたね。
やっとのことで嫦娥さんは折れてくれて、「ちょっとだけよ」って月を見せてくれました。



「海の兎は無理、雲で遊んでいるところで我慢して」ってことでしたので、皆様も悪しからずご了承ください。
ところで、家の周りの木を見ておりましたけど、魚も泳いではおりませんでしたので、これも撮れませんでした。申し訳ありませんね~。
やはり琵琶湖に行かなければ駄目なんでしょうか?



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白居易 早冬 

2007年10月24日 23時45分49秒 |  漢詩を長崎弁で
       

十月江南天氣好   
可憐冬景似春華   
霜輕未殺萋萋草   
日暖初乾漠漠沙   
老柘葉黄如嫩樹   
寒櫻枝白是狂花   
此時却羨閑人醉   
五馬無由入酒家   

十月 江南 天気好し
可憐の冬景 春華に似たり
霜は軽く 未だ殺(か)らさず 萋萋たる草を
日は暖かく 初めて乾く 漠漠たる沙
老柘 葉は黄にして 嫩樹の如し
寒桜 枝は白くして 是れ狂花
此の時 却って羨む 閑人の酔うを
五馬 酒家に入る由も無し

南国は十月でも天気がよか
冬ばってん、春のようによか天気
霜は降りても、ちょっとだけ。草は青々して枯れることはなか
陽射しは暖かく、砂原は乾いとる
桑の老樹は紅葉し、若い柔らかな木のごたる
冬の桜桃の枝に白く見えるのは、狂い咲きした花やった
こげんときは、酔っ払いがウラヤマシか
こっちは五頭立ての高級車に乗っとるけん、飲み屋にはちょっと行き難くか


先日ご紹介した狂い咲きの桜に合う詩を探してきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダイモンジソウ    写真を追加しました

2007年10月23日 09時59分54秒 |  あなたの鼓動、華
東京のベランダのダイモンジソウは、今、真っ盛り。
可愛い花を咲かせています。
でも園芸種なので、華やかですね。



岬においてあるダイモンジソウは花をつけてくれませんでした。
あちらは野草、原種に近いものですので、可憐といってもおかしくない。
それとも今ひっそりと咲いているのでしょうか。



マクロでの写真を追加します。



こうなると可憐な花というより、豪華な花に大変身ですね。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ボクちゃん、禿げているんじゃないんだからね  ヒドリガモ

2007年10月22日 19時42分34秒 |  多摩川散歩


多摩川ではカルガモはあまり見なくなり、ヒドリガモの数がずっと増えてきています。
トップの写真ははげているのではありません。
ヒドリ君のために申し添えておきます。
なに、髪を染めたんですよ。
ちょっとモヒカンっぽく、軽い色の茶髪にね。



ヒドリが来始めたころにちょっと書きましたけど、まだ人馴れしていません。
もうしばらくすると、だんだんと人に慣れてきて、もう少し近くまで来るようになると思います。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

飛ばない鳥

2007年10月22日 17時23分08秒 |  多摩川散歩


飛ばない鳥で申し訳ないですけど、今日は飛ばない鳥。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんでもない風景   いすみ市岬町

2007年10月21日 23時44分34秒 |  岬な日々
あいも変わらず「なんでもない」「どこにでもある」風景です。



ちょっと草深いところへ行かれれば、誰でも目にする風景。
特別に珍しいものでも、貴重なものでもありません。



でも、そのどこにでもある風景って言うのが、こんなにも私の心を打ってくる。



嬉しいです。



綺麗です。



人生ってそんなに悪くないって思えてくるかもしれません。



でもどうしても忙しさにかまけたり、人や仕事に心を奪われて、
自分の心を豊かにしてくれるものに目が行かなくなってはいませんか?



人間は何のためにあくせくしているのでしょうか?



豊かな生活、人生のため?



それは、仕事をして、お金をためて、デパートで買えるものですか?



星の美しさ、夕焼けの美しさに心を奪われたのはいつのことでした?



路傍の花でもよく見ると綺麗だなって思ったのはいつのことでした?




それはいつでも貴方のそばにあるのですよね。



それを知らなかったとは言わせません。
だってきっと一度や二度は、綺麗だって感激した覚えはあるはずです。


                   (この写真は20日に多摩川で撮ったものです)

でも、それを忘れてしまっている。
そしてそんな気持は時間とお金をかけなければ見れないと自分で決め付けてはいませんか?



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2007年10月21日 22時50分02秒 |  岬な日々


まだ16日のいすみ市の写真の整理をしています。
今回は鴨。
雌は「何か頂戴」ってすぐによってきて鴨にされますけど、



雄はさすがに厳しくチェックをかけてきます。
フン、何もくれないんだったら、こっちへ来るなだそうです。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加