夢幻泡影

「ゆめの世にかつもどろみて夢をまたかたるも夢よそれがまにまに」

黄昏

2017年11月11日 21時25分47秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


人生、黄昏てくると、写真も黄昏てまいりますな~
昨日も、夕暮れの景色を使っておりましたが、
今日も又。。。



おいちゃんには、キャピキャピのピンクムードよりも、この手の写真の方が自分にも、時分にもあっているように思えまして、、、

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引きこもりになるということは

2017年08月06日 08時44分24秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


引きこもりになるということは、誰とも話をしなくなるということ。
ほんと、一週間で何人の人と話をしたのか、、、
人と話をできるということが、これほど貴重なものであるということに気がつかされるということ。
意識して外出のチャンスを作っても、
買い物だけじゃ、話をするチャンスにはならない。



独居老人が増えてくると、そんなことが問題になって行きますよね、、、


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

認知症

2017年03月18日 08時16分00秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


認知症のあるタイプによれば、幻覚を見ることが多いのだそうです。
でも、私の経験から言えば、幻覚、妄想なんて若いころから常に頭にあって、、、
でもでも、健常な時には現実と幻覚、妄想の差が歴然と分かっているってことかなと思えます。

今の私は現実と妄想の差がほとんどなくなって、どっちがどっちだかわからなくなりつつある。
今までの経験から、よりシャープに見える方が現実だと思い込んでいると、今や妄想の方がシャープに見えて、現実は朧なんてことが多々。だんだんどちらも霧の中になってきて、区別がつかなくなってきているような、、、霧ですから、濃い時には、現実も妄想も見えなくなったり、時としては流れて薄くなったり、はれたりすることだってあるんですよね。

妄想と現実の区別がつかない、取り違えるなんて、まあ、珍しくもないことになってきたりして
だって、妄想の影響力、魅力のほうが頭の中では強いんです。現実は面白くもない「ただの目の前のこと」だけど、妄想はほとんどが「かくあれかし」って念じていることだから。(おいちゃんのばあいは、可愛いU20が大挙してやってきて、、、なんてことだし、チビ太の場合なら、松坂牛を一頭もらっちゃったなんてことでしょうけど) 

まあ、それも悪くはないかと、思っておりますけど。



蛇の足
ところで、このタイプ(レビー小体型認知症)の場合、患者が変なことを言い出しても周りの人は決して否定してはいけない、患者は嘘をついているのではなく、患者には実際に見えているのだから、、、なんて書いてあります。
私の経験からすれば、周りが否定しようが、肯定しようがそんなのはどうでもよいことなんです。いるはずの可愛いU20がいまいち確認できないってのが問題なんですけどね~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

な~んもないので、お蔵の整理

2017年03月05日 09時50分12秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


な~んも書くものを思いつかない。
「あやしうこそものぐるほしけれ」なんてのは、頭のいい人の症状なんでしょうね~
だんだん頭の中にベールがかかってくると、、、
ち~とも「ものものぐるほし」くないもん。

しょうがないから、終活として、お蔵の整理でもしようかと、、、


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

困った時の神頼み、、  やってみるもんですね~   ぎっくり腰を温める

2017年02月14日 10時36分39秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


ぎっくり腰の場合、どの医者に行っても、まず「絶対安静、患部は冷やすこと」って言われるのだと思います。
チビ太のヘルニアも、炎症が収まるまで、絶対安静を言われましたしね。

でも、あるサイトで、「温めることで、炎症部分の血流が良くなって、痛みが激しくなるけど、それを分かっていて、あえて温め、動くことで、早く治せる」って書いてあるのを見つけました。えらくマイナーな意見なので、「ほんとかな~」って疑いを持ちましたけど、スポーツ医学のお医者さんたちの中には「動け」て言う人もいるよな~てことで、効かなかった時のことを、覚悟して、こちらの意見に従ってみることにしました。

なんせ、トイレに行くのもままならず、階段を一段降りてみましたが、とても大変。
それより、室内を動き回るのが、一歩一歩大変なんです。
チビ太を抱いて階段の上り下りをして、散歩に行くなんて、とてもとても。
ベランダに出しておけば、おっしっこはなんとかやるでしょうけど、、、(それでも、漏らしちゃったときには、ほんと悲しそうな声を出しますけど) 大のほうはまずやらないのですね。チビ太のためにもなんとかしなきゃ。

それに、これじゃ、動きが取れなくなって、チビ太と白骨化するかもしれないなんて思えてきましたしね。


神様、仏様、、、、
うまくいきますように、、、




ってことで、ちょっと熱めのお風呂を沸かし、ゆっくりと入ってまいりました。
そして、ホットパットを患部につけて、、、


あれ、なんだか痛みが和らいだ気分。。。
やってみるもんですね~


ただし、他の方にはお勧めしません。
なにかあったときに、責任を持てませんからね。
おやりになるときには、くれぐれも自己責任で、、、、

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

スポットライト

2017年02月13日 10時30分25秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


私みたいなごみでも、人生のうちで一度はスポットライトを浴びてみたいななんて、、、心の隅ではちょっとばかし思ったりして、、、
こんな山奥でも、
誰も見てなくっても、、、、



でも、そんなことはなかったし、
これからも、ないことは目に見えてますね~

お葬式だって、ないだろうし、、、、ぐすん、、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日もまた  高齢者が温度差に鈍感になる??? うそでしょ。

2016年06月18日 09時12分33秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


今日もまた晴れ。
おいチャン的に言わせると「五月晴れ」っていうのでしょうか。
「五月晴れって真っ青な晴れ間ってことじゃなくって、梅雨の間の晴れ間のことだよ」なんてほざきたがるのでね。
たしかに空は真っ青じゃありませんが、白っぽく晴れ渡って、、、、とにかく湿度が高い。
昨日も全く同じようでしたけど、今日も蒸し焼きの一日になりそう。
冷凍庫には鳥のささ身が入っています。
おいチャンはそれで酒蒸しを作るって言ってますけど、もう何日も食卓に上らない。

どうせ蒸し焼きになるのなら、酒蒸しがいいですね、、、
真鯛の酒蒸しなんて、 あぁ、夢のまた夢か、、、、



昨日のどっかのテレビで、「高齢者は気温の差に鈍感になって、暑いのに冷房を入れていなかったりする。暑いのに気がつかなくなる。だから熱中症になりやすい」なんて馬鹿なことを言っておりましたが、
「高齢者 気温の変化に鈍感になる」でググっても、同じようなことを言っているところがたくさんヒットするんですね。でも、それを書いている人たちってみんな若い人たち。自分たちの感覚で、経験で書いているわけじゃないんです。
  
昨日も書いてますけど、高齢者だって、暑いし、寒いんですよ。高齢者の方がむしろ気温の変化を許容できなくなる。少しの暑さ寒さも耐えられなくなっちゃうんですよ。それを若い人以上に感じているんです。
冷房? 乏しい年金で生活している人にとって電気代だって払わなくって済むものなら、払わないに越したことはない。だから我慢しちゃうんです。
冷房の効いた図書館とか、お店に行こうにも、嫌がられたり、その交通費だってままならなかったり、、、


高齢者のご同輩、、、
ひたすら耐えて、今日をしのぎましょう。
皆さま、ご自愛ください。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

記憶、、

2015年10月13日 06時44分56秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


ふん、私の記憶もどんどんと悪くなってきておりますな~
全く同じ場所で夕焼けを撮った覚えがあるんです。
その時には真っ赤な空でしたけど。

写真を見ながら、そのことを思い出しましたけど、
実は、これを撮った場所が思い出せないんです。

なんだか、波乱含みの終日ですよね~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やること、いっぱいあるのに、もうボロボロになってきて

2015年09月21日 08時28分00秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


カレンダーは、秋へまっしぐら、
のはずが、天気はもう秋の気候
お呼びがかかるまでに、やっておかなきゃいけないこと山ほどあるのに、
体はもうボロボロになってきちゃって、、、、



まあ、いいか。
私一人がやり残したって、世間の大勢には影響ないし、、、、
なんて、ついつい思いたくなっちゃうよね~

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

家へ

2015年07月30日 11時45分26秒 |  姥捨て山は大騒ぎ


そろそろ日も落ちてきたし、家に帰らんといかんとばってん、
うち、今日の晩御飯、食べたとやろうか?
思い出せんとばい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加