ガラスの向こう側

フォトブログ★ショーウインドーを幻想的に表現、ほか

三条通の老舗

2017年07月11日 | 京へ

できるだけ、変わったものを撮りたいというのが私の中にあるのですが、
こういった対象に出くわすと、もうストレートでいいと思ってしまいます。
休業日なのでしょうか。それでも、相当な老舗だというのは伝わってきます。
この悠々とした時間の流れの中で、もう自分なんてどうでもいい、
そんな気分になります。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 休日の気分 | トップ | 四条通・夏 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もしや、それは心境の変化ってもんじゃあ~りませんか? (写真かるたのオッサン)
2017-07-11 00:32:09
ねぇねぇ、何があったん?
おせ~て、おせ~て♪

ピシッ、とした暖簾に店主の心意気が感じられるような店構え。
そこを、ビシッ、とカッチリ抜かりなく収める明智さん。
拝見していて気持ち良いです♪
写真かるたのオッサンさま (明智)
2017-07-11 18:11:26
多感な年頃の第二期なのかもしれませんね。
とても傷つきやすくて、ナイーブなおいら。

「脱サラして浮世絵売ってるねん」、
なんて人いないでしょうから、
暖簾にも、当然重みがありますよね。
ここは敬意を表して、撮らないといけませんね。
同じですね♪ (写真かるたのオッサン)
2017-07-11 23:21:19
で、使ってるシャンプーは・・・パンテ~ン♪ ちゃうか~ッ? ってね。

ほんとですね、写真って少なからず
シャッターボタンを押したその時の心境が表れるもの
なのでしょう・・・と、思ったり思わなかったり♪

写真かるたのオッサンさま (明智)
2017-07-11 23:58:58
押したときの気持ち、伝わればいいのですが、
それがなかなか難しいですよね。
まっ、空回りの独りよがりも時には楽しいのかも。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。