ガラスの向こう側

フォトブログ★ショーウインドーを幻想的に表現、ほか

京の和傘屋さん

2017年06月13日 | 京へ

映画館で一番いい場所はどの席かご存知ですか?
私が見聞したところでは、ちょうど前後左右の中央辺りだそうです。 
きっと撮影対象に向き合う場合も同じだろうというシンプルな思考で、
真正面から撮ることがけっこう多いように思います。
もちろん、遠近感を出すとか、何か他の要素を入れるとか、 
そういった場合は臨機応変さが必要なのは言うまでもありません。
それにしても、このお店のスペシャル度、潔すぎですね。 

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« トワイライトトライアングル | トップ | My Holiday »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あっ、和傘屋さんや! (写真かるたのオッサン)
2017-06-13 00:25:13
ここは、まさに私も何度となく試みたショーウインドーですが
被写体のパワーに負けて未だにシャッターボタンを押せずじまいでいます。
それを、さらりとやってのけられるとは!

なんと素晴らしい傘だ!(言われる前に傘を褒めておきます♪)
写真かるたのオッサンさま (明智)
2017-06-13 12:11:48
これ、自分でいういのもいかんのですが、
撮れそうで撮れない写真だと思います。
迫り来る車の恐怖に耐えながら、
道の中央でしゃがみながらの撮影です。

クラクションもならさずに待ってくれたドライバーの
寛容さを褒めてやってください。
これもまた、自分でいうのもいかんのですが (写真かるたのオッサン)
2017-06-13 22:53:25
そのドライバーが私だったら、
写真撮ってる人に気付かずに突っ込んでいたかも・・・、
よかったですね私じゃなくて♪

きっと待ってくれたドライバーさんは、
もしクラクションを鳴らそうものなら、
どんな目に合うかを想像して恐ろしくなったのでしょう♪
写真かるたのオッサンさま (明智)
2017-06-13 23:55:59
早い話が広角28mmじゃなくて、標準~望遠系のレンズなら、
なにも道の真ん中で撮らなくてもよかったんですけどね。
でも、危険な中で撮らないと臨場感がでないし。

下三行、おいらってどんなイメージなんでしょうね。
自分でいうのもなんですが、一見優しい(笑)

コメントを投稿

京へ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。