ガラスの向こう側

フォトブログ★ショーウインドーを幻想的に表現、ほか

崩れても美しい

2017年07月01日 | 山田池公園

山田池公園・水辺広場には小さな花壇があります。
四季折々の草花が植えられていて、そこで憩う人々の
目を楽しませてくれています。今回は100mmマクロで
そのボケを楽しんでみました。

にほんブログ村 写真ブログ アート写真へ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« アジサイの小径 | トップ | 樹木越しの風景 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たぶん・・・ (写真かるたのオッサン)
2017-07-01 01:26:55
明智さんも聞こえてくるんじゃないですか?
「ねぇねぇ、ここを撮ってよ♪」って・・・花の声が。

明智さんも私も、きっと前世は花の精だったのでしょうね♪
だから、お花畑に撮影に行った日にゃ、もぅ~やかましくて・・・。

ねぇ (流生)
2017-07-01 07:38:46
ねぇ
秘密だよ
くちびるの前
そびえたつ
指の魔法に

完敗の僕・・・


明智さん
素敵な週末をお過ごし下さいませ。
きのうは嬉しかった^^ありがと。
写真かるたのオッサンさま (明智)
2017-07-01 18:04:07
昔、カメラだかレンズだかのカタログのコピーに
「レンズを向けると花たちはいっせいにこちらを向いて微笑んだ」
そんなのがありましたが、オッサンって、その時のライターですか?(笑)

花の声が喧しいのはオッサンの人間性によるものでしょうね。
おいらだと、黙り込まれますし(^^ゞ
流生さん (明智)
2017-07-01 18:08:40
あっ、この写真から、そういったロマンティックな発想に
なるんですか。流生さんなら。
そのブレない世界観、素敵だなと思います。

最後の一行、とてもロマンティック。
そんな誤解を生むような表現、キライじゃないですよ。
そりゃ、もう~ (写真かるたのオッサン)
2017-07-01 22:35:35
時には教師やらコピーライターと、
忙しいもんです、ハイ♪

もしかして、喧しいのは耳鳴りのせいかなぁ~
なんて思う今日このごろであります。
写真かるたのオッサンさま (明智)
2017-07-01 23:44:40
七つの顔を持つ男という認識でよろしいでしょうか。
よく分からんけど。

いや~オッサンなら、本当に草花と話してそうです。
相違ございません。 (写真かるたのオッサン)
2017-07-01 23:58:57
このごろ、空耳に返事することは日常ですが・・・。
 (明智)
2017-07-02 00:04:33
びっくりした~チャットやないんやから。

コメントを投稿

山田池公園」カテゴリの最新記事