無事で何より~梅ちよ日記

人生は別れと出会いの繰り返し。
巡り来る季節に感謝しつつ、日々のあれこれを書き留めます。

真実は?

2017-01-25 23:16:53 | 日記
前回UPの記事で、「鑑定団」の話題を取り上げました。そのときの「耀変天目茶碗」が偽物では?ということでいま、物議を醸しております。
番組を見た陶芸家の方(瀬戸で長年耀変天目に取り組んでおられる)が指摘。外側の模様や底に刻まれた文字、鑑定額など「あり得ない」と。
歴史研究家の方も、三好長慶が茶道を好んだという記録はないと話す。
当の所有者の方は、TV出演によってバッシングひどく、そっとしておいてほしいとのこと。
TV局も鑑定した中島氏もコメントなし。

「鑑定団」よ、お前もか!と、少しショック。
本当のところはまだ偽とはっきり断定されたわけではないのですが、今にしてみれば、騒ぐほどの茶碗でもなかったな~というのが正直な感想。

それにしても、最近は、インチキ、ねつ造、虚偽報道、多過ぎです。
2,3年前の、さむらごーちとかおぼかたとか、去年の五輪マークパクリとか、色々やらかしているのに、懲りない大手メディア。
TV局が調べたから、NHKが言ったから、大新聞に書いてあることだから、真実とは限らない、決して。

最もショッキングだった報道は、次期天皇とされるご一家三人の車中お手振り映像。
飢餓状態にしかみえない娘さんの両側にニコニコ笑顔のご両親。嬉しそうに伝えるニュースキャスター。
可愛い孫が交通事故に遭ったというのに、それでも、家族が恙なくてよかった、とのたまう祖父母様。
これが普通なのか私の目がおかしくなっているのか。

今まで変な夢をみせられていた。
男女同権、自由平等、人種差別反対、古い伝統を打ち破り新しい風を、グローバリズム‥‥。
行きつく先に何があるのか深く考えもせず、父母、祖父母の苦労の上に胡坐をかいて、いい気になっていた。

新聞、週刊誌、ワイドショーで連日騒いでいる事柄は、もっと重大な事件を隠す目くらまし。
私たちも目覚めなきゃ。笛吹きに踊らされる羊になってはいけない。



         
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年申年、有難うござ... | トップ | ぶれ・鳩 #追記しました »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真実は難しい (閑おじ)
2017-01-26 10:45:27
「鑑定団」は人気バラエティー番組ですので、そう思って観て下さい。
以前にも「利休の茶杓が一千万円」というのが有りましたが、茶道具屋の仲間内で「あれは違う」という話も出ました。
昨日も、ニセモノの屏風が一双5000円!ニセモノの柿の蔕茶碗が2000円!
いくらニセモノでもそんな安くは売ってない!あの値段は実勢価格では有りません。人間国宝の作品でも「そんなには高くないだろう!」という物が沢山有ります。
あれは、バラエティー番組なんです。

女性天皇の話題が消えてしまいました。
一説によると、男子でなければならないというのではなく「I子様がなったら困る!」という事らしいのです。
精神的にひ弱で登校拒否をする女性天皇は困る。なのか、どうか良くはわかりませんが、頷ける所も有ります。
しょせんバラエティ (梅ちよ)
2017-01-26 12:58:59
閑おじ様
ですね。
さくらんぼ様の仰るように、高額でびっくり偽物でがっかり を楽しめば良いわけですね。

以前、当地の市民会館で「鑑定団」録画ロケがあり、入場者募集が広報にも載りました。
友人が、応募はがきを何枚も出したのにすべてハズレ。当日番組見たら、座席に会館事務局の方が何名か映っていたそうで。「やっぱりねー」と頷き合いました。ご夫婦とも地元で幅広く活動されている友人ですが、鑑定依頼の出場者全員、知らない人ばかりだった、とのことでした。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。