gooおっさんの気まぐれ日記 (人生は楽しく)

その時に感じた事や経験した事を気ままに書いてゆく事とします。

ご意見、感想歓迎です。

三菱 M51121Pのみ使用AGC付きスタンドマイク 最終版

2016-10-14 15:52:00 | アマチュア無線機器関係
2016.10/14 外気温:25℃ 室温:23℃

今日の朝は冷えましたね。でも太陽の光がこぼれて気温は上がりました。

昨日で「三菱 M51121P」の機能をフルに使い、AGC付きスタンドマイク
が完成しましたので投稿致します。

1.完成品

W130xH30xD80のプラケースを使用。ECM専用です。


ECMを挿した状態。(作りが悪いので作り直します)

2.回路図

・ICの12ピンの回路部品は使いません。
・IC7ピン-GNDに0.01フイルムをON:FM、OFF:SSB用としました。
・PTT回路は別回路にしています。

3.
ブロック図

・外部電源:3V変換はLM317LZ使用、BATT電源:単三2本の切り替え(通常は外部電源)
・TR-PTTはPTT-SWの音を消す為の遅延機能を付けています。
・PTT:プッシュロックSWです。

4.製作過程

丁寧に作って見ました。


実装完成

5.調整

・交信相手に変調具合を確認して、変調出力を調整しました。

6.結果

・音質も良く変調具合もマイクから30cm離れても深い変調で、
 5cmでも歪まず増幅度を加減(AGC)なので良好で楽です。

・AGCで無いものはマイクの距離により音が大小と変化しますが、
 このAGC-AMPは自動で46dBの範囲で増減するので一定です。

7.最後に

M51121PのAGC-AMPは色々作りましたが、ICのみで出来て
部品点数は多いですが最終版となりました。



8.参考データ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 受信用セラミックトリマーの... | トップ | お風呂の水を洗濯機へ給水 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。