gooおっさんの気まぐれ日記 (人生は楽しく)

その時に感じた事や経験した事を気ままに書いてゆく事とします。

ご意見、感想歓迎です。

車用 FMトランスミッタの修理 直りました。

2017-06-17 21:39:29 | 修理一般(ラジオ、デジカメ等)
2017.6月17日 外気温:25℃ 室温:28℃

今日は夜になっても夏日です。湿度が40%位なので、我慢出来ますが。

今日は車のFMラジオにMP3-PLAYERの音を飛ばすトランスミッタが
電波が出ず受信出来なかった原因が分かり、水晶の交換で直りました。


完成して動作確認中です。
車へは白いケースに交換したスペアを乗せて、いますが基盤は故障していました。

1.症状
いつも車でCD-Rに書いたMP-3の音楽を聞いていたのですが、急に聞こえなくなった。
調べると、どの周波数でも電波が出ていない。

2.原因
発振しないのは経験上、XTALの場合が多いと仮定して外しました。

小さなもので、12.000MHzと記載が有りました。

3.対策
同じものは入手が面倒なので、ヤフオクで「HC49:12.000MHz」20個が格安で、
出ていましたので、即落札しました。(300円:送料含む)


基盤のこの位置に取り付けしました。

4.動作

難なく発振して電波が出る様になりました。

5.終わりに
IC類の故障なら捨てようと思いましたが、直って良かったです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デサルフェータ 宗平技研式... | トップ | 古い SANYOのACーADAPTER... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。