gooおっさんの気まぐれ日記 (人生は楽しく)

その時に感じた事や経験した事を気ままに書いてゆく事とします。

ご意見、感想歓迎です。

受信用セラミックトリマーの耐圧試験

2016-10-12 15:27:43 | アマチュア無線機器関係
2016.10/12 外気温:23℃ 室温:24℃

先日の10日は曇りで風が吹き体感温度は寒くて風邪気味になり、
やっと体調が元に戻りました。10月は昨年は未だ暑かった記憶が有るので、
異常な気候と思いますね。

今日は、知人のリニアアンプのLPFに使用されている30PFのトリマー
劣化でパワーが落ちて来ると相談されて相当品の耐圧試験をしてみました。


バラックに組んだ144MHz帯用のT型フイルターです。

1.6mm径のエナメル線を単三電池径で2回です。
トリマーは「太陽誘電製 CVD30-11」です。
30PFセラミックトリマーです。



無線機はFT-212H 45w→本器→SWRレンジ→dumyの接続です。


この状態で、パワーを見ると、35W程度です。トリマーは熱いです。
ロスがあると言う事です。


フイリップス製のトリマー30PFでは熱も出ず、40Wになります。

ここで電源を取り換えてみると

規定の45Wしっかりと出て熱くなりません。

これなら、50Wでも使えるかなと思った次第です。

このフイリップス製トリマーはエアバリで誘電率を上げるため、
フイルム?の様な膜が端子間に入っています。


試験結果

・セラミックトリマー小さいタイプ:受信用?
 損失が大きく、せいぜい5~10W迄は使えそうだが、50WではSWRが
 悪いと熱や火を吹いて燃えてしました。

・フイリップス製トリマ:基本はエアトリマーなので50WでもOK。
こいつもSWRが高いとフイルムが溶けてトラブル様です。

・エアバリは30PFだと形状が大きくて入手は出来ても実装困難ですし
 高額ですよね。


幸い手持ちに有ったので使って見ましたが、今時売っていませんね。
評判が良くないのでしょうか?


これで知人のリニアの修理が出来そうですが不安が残ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルインコ DM-320M... | トップ | 三菱 M51121Pのみ使用AGC付... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。