車査定で注意すること

飽きたわけじゃないけど、新しい車が欲しくなったら、今のっている車は高く売りたいですよね!下取りする?査定してもらう?

多走行・過走行の車とはどんな車なのか

2017-06-14 10:40:04 | 車査定

多走行・過走行の車とはどんな車なのか

多走行・過走行の車とはどんな車なのか「多走行車」「過走行車」の明確な定義はありません。


しかし、一般に認知されている目安のようなものがあり、車の走行距離は、平均して1年で1万kmが目安であると言われています。


この、年間1万kmを超える走行だと多走行車であると、一般的には言われています。

また年式に関わらず、車両の走行距離が5万kmを超えた車は「多走行車」、10万kmを超えた車は「過走行車」として扱われることが多いようです。

多走行車・過走行車はそれだけ部品は消耗しているわけですから、査定ではマイナスになる場合が多いのは事実です。


しかし、多走行・過走行であっても、車の使い方やメンテナンスの有無などによっても査定は変わるので、コンディションの良し悪しは一概には言えません。





車種とメルアドだけで(電話も名前も不要です)

とりあえず査定したらだいたいの金額がすぐに出てきた。

あとは近くの業者さんに正式査定依頼するだけです。

Goo買取で車査定のポイントを見てみる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 車検が切れている場合のメリ... | トップ | 人気がないと言われる色でも... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL