教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 民進党がダメなところは幹部が腐りきっていることだ

2017年04月05日 20時38分35秒 | 国際・政治

 

民進党がダメなところは幹部が腐りきっていることだ

2017-04-05


 森友問題はあらゆる意味で一大疑獄事件である。

 その森友問題で、自分や妻が少しでも関与していたら首相どころか政治家まで辞めると国民の前で大見得を切った安倍首相を、なぜ野党は一気に内閣総辞職に追い込めないのか。

 その答えを、発売中のサンデー毎日が教えてくれている。

 はやくから森友問題を追及していた民進党の議員に、福島伸享や岸本周平といった官僚出身(それぞれ経産省と財務省)の議員がいる。

 彼らが、インタビューした倉重篤郎記者に要旨次のように語っている。

 森友問題は疑惑だらけだ。徹底的に追及すれば間違いなく安倍首相を辞職に追い込める。我々はそれで解散・総選挙になっても恐れない。しかし我々下っ端議員がどんなに頑張っても、判断するのは民進党の幹部議員だと。

 

 

民進党がダメなところは幹部が腐りきっていることだ

2017-04-05

 森友問題はあらゆる意味で一大疑獄事件である。

 その森友問題で、自分や妻が少しでも関与していたら首相どころか政治家まで辞めると国民の前で大見得を切った安倍首相を、なぜ野党は一気に内閣総辞職に追い込めないのか。

 その答えを、発売中のサンデー毎日が教えてくれている。

 はやくから森友問題を追及していた民進党の議員に、福島伸享や岸本周平といった官僚出身(それぞれ経産省と財務省)の議員がいる。

 彼らが、インタビューした倉重篤郎記者に要旨次のように語っている。

 森友問題は疑惑だらけだ。徹底的に追及すれば間違いなく安倍首相を辞職に追い込める。我々はそれで解散・総選挙になっても恐れない。しかし我々下っ端議員がどんなに頑張っても、判断するのは民進党の幹部議員だと。

 この言葉を聞いた倉重記者は深いため息をついている。

 私は繰り返し書いて来た。

 森友問題を鋭く追及できるのは官僚出身の議員たちだと。

 なぜなら彼らは行政や法律のからくりを知っているからだ。

 政治家と官僚の関係を手に取るように解説できるからだ。

 だから、元官僚議員たちを総動員して森友疑惑について安倍首相の矛盾を徹底追及すれば、安倍首相はひとたまりもないだろうと。

 その元官僚たちが、安倍首相を追い込めると断言しているのだ。

 覚悟も出来ているとまで言っている。

 それにもかかわらず、蓮舫や野田や枝野、細野、玄葉、安住、前原といった民進党幹部にその覚悟がない。

 今度の森友問題がこのまま幕引きされて終わるとすれば、すべての責任は野党第一党の民進党の腐りきった幹部議員たちにあるということだ。

 この機会に民進党は解体し、若手議員の集まりに生まれ変わるべきである。

 それが民進党再生の唯一の道である(了)

この言葉を聞いた倉重記者は深いため息をついている。

 私は繰り返し書いて来た。

 森友問題を鋭く追及できるのは官僚出身の議員たちだと。

 なぜなら彼らは行政や法律のからくりを知っているからだ。

 政治家と官僚の関係を手に取るように解説できるからだ。

 だから、元官僚議員たちを総動員して森友疑惑について安倍首相の矛盾を徹底追及すれば、安倍首相はひとたまりもないだろうと。

 その元官僚たちが、安倍首相を追い込めると断言しているのだ。

 覚悟も出来ているとまで言っている。

 それにもかかわらず、蓮舫や野田や枝野、細野、玄葉、安住、前原といった民進党幹部にその覚悟がない。

 今度の森友問題がこのまま幕引きされて終わるとすれば、すべての責任は野党第一党の民進党の腐りきった幹部議員たちにあるということだ。

 この機会に民進党は解体し、若手議員の集まりに生まれ変わるべきである。

 それが民進党再生の唯一の道である(了)

 森友問題はあらゆる意味で一大疑獄事件である。

 その森友問題で、自分や妻が少しでも関与していたら首相どころか政治家まで辞めると国民の前で大見得を切った安倍首相を、なぜ野党は一気に内閣総辞職に追い込めないのか。

 その答えを、発売中のサンデー毎日が教えてくれている。

 はやくから森友問題を追及していた民進党の議員に、福島伸享や岸本周平といった官僚出身(それぞれ経産省と財務省)の議員がいる。

 彼らが、インタビューした倉重篤郎記者に要旨次のように語っている。

 森友問題は疑惑だらけだ。徹底的に追及すれば間違いなく安倍首相を辞職に追い込める。我々はそれで解散・総選挙になっても恐れない。しかし我々下っ端議員がどんなに頑張っても、判断するのは民進党の幹部議員だと。

 この言葉を聞いた倉重記者は深いため息をついている。

 私は繰り返し書いて来た。

 森友問題を鋭く追及できるのは官僚出身の議員たちだと。

 なぜなら彼らは行政や法律のからくりを知っているからだ。

 政治家と官僚の関係を手に取るように解説できるからだ。

 だから、元官僚議員たちを総動員して森友疑惑について安倍首相の矛盾を徹底追及すれば、安倍首相はひとたまりもないだろうと。

 その元官僚たちが、安倍首相を追い込めると断言しているのだ。

 覚悟も出来ているとまで言っている。

 それにもかかわらず、蓮舫や野田や枝野、細野、玄葉、安住、前原といった民進党幹部にその覚悟がない。

 今度の森友問題がこのまま幕引きされて終わるとすれば、すべての責任は野党第一党の民進党の腐りきった幹部議員たちにあるということだ。

 この機会に民進党は解体し、若手議員の集まりに生まれ変わるべきである。

 それが民進党再生の唯一の道である(了)

 

天木直人のブログ

2017-04-05No commentLeave a comment

エクアドル大統領選で左派政権が勝利した事を喜ぶ

今村復興大臣の暴言を厳しく追及しない腰抜け大手メディア

コメントは承認後に公開されます

 

Comment *

 

Name *

 

E-mail * (公開されません)

 

URL

 

SEND

天木直人のTwitter

 

ホーム

個人寄付のお願い

新党憲法9条 論説記事

天木直人のブログ

動画

結党宣言

公約

目標

スタッフ募集

天木直人のプロフィール

ご意見・ご質問

新党憲法9条

© 2016 - 2017 新党憲法9条

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシア地下鉄爆破、駅まで電... | トップ | HOME天木直人のブログ今村復... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL