教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

2017年は「社畜イヤー」? 祝日と土曜が重なりまくり

2017年01月03日 16時08分50秒 | 社会・経済

 

2017年は「社畜イヤー」? 祝日と土曜が重なりまくり

新年早々不景気な話をするのもいかがなものだが…… 写真:hiro / PIXTA(ピクスタ)

(R25)

「2016年から17年にかけての年末年始は、元日が日曜日ということもあり、お正月休みも短めの傾向のよう。おとそ気分もそこそこに仕事始めがやってくるが、カレンダーを眺めると、2017年はサラリーマンにとって受難の年となりそうだ。

そ の根拠は、2017年の祝日のスケジュールだ。現在日本には、国民の祝日が年に16日あるが、2017年はそのうち「建国記念日(2月11日)」「昭和の 日(4月29日)」「秋分の日(9月23日)」「天皇誕生日(12月23日)」が土曜日。法律では、「『国民の祝日』が日曜日に当たるとき、その日後にお いてその日に最も近い『国民の祝日』でない日を休日とする」と、定められており、土曜日と国民の祝日が重なっても、振替休日は発生しない。

17年は2月、4月、12月の平日休みがないほか、例年シルバーウィークがある9月に関しては、18日(月)のみ休みで、19日(火)から22日(金)まで4日間の休みを取れれば大型連休となるが、難易度は高い。

2012年には、当時与党だった民主党が、 土曜日に祝日が重なった場合にも振替休日を設けようと検討したことがある。当時の報道によれば、民主党案は、土曜日と国民の祝日が重なった場合、金曜日か 月曜日に振替休日を設け、3連休にしようというもの。民主党が同年12月の総選挙で大敗して野党に下り、同案は実現しなかったが、もし採用されていれば、 2017年の休日はあと4日増えていたことになる。

ツイッターを見ると、すでに「祝日が少ない」ということに気付いてしまった人も多いようで、

「2017年、祝日が土曜日に重なってる日多くて憂鬱」
「2017年の祝日、週末と被りすぎてて連休少ないから今からげんなり」
「2017年は祝日が1日もない月が3つもあるのでまぁクソ確定ですよ」
「2017年は土曜日と祝日が重なっている所が4回もあり、非常に勿体ない気がしてなりませぬ。つまり休みが少ないのであります」
「知ってはいたけど2017年こんなにも祝日消えるのかよと絶望してる… 切実に法律変えてほしい…」

など、嘆きの声が続出している。一部からは、

「来年めっちゃ祝日減ってるから積極的に有給消化していこう」
「来年は祝日ご土曜とかぶりまくるらしいから積極的に有給つかっていこうな」(原文ママ)
「カレンダーを見ると土曜祝日の多さにうんざりするが、『休みがなければ作ればいいじゃない(゚∀゚)』で何度か(帰省以外の)有給休暇をとろうかしら…」

といった声があがっており、どうやら“自衛策”は有休取得ぐらいしか方法がなさそう。2017年は、「いかに上手に有給休暇を使うか」が、大きなテーマになりそうだ。
(金子則男)(R25編集部)」

 

一昔前の日本の休日に戻ったと言えます。

今の時代インタネット時代になり、年中無休の業種が増えて毎年変わらない働く人達たちも多いのでは有りませんか。

ジャンル:
職場
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天木直人の公式ブログ「おめ... | トップ |  包丁もまな板も使わない?簡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL