教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

女性の合格者割合最高に=国家公務員の総合職試験-人事院

2017年06月30日 22時38分48秒 | 社会・経済

女性の合格者割合最高に=国家公務員の総合職試験-人事院人事院は30日、2017年度国家公務員採用総合職試験の合格者数が1878人に上ったと発表した。うち女性は25.8%に当たる484人。女性の割合は16年度から0.3ポイント上昇し、統計が残る1960年度以降で過去最高となった。人事院は、政府がここ数年女性を積極採用していることが奏功したと分析している。

 受験の申込者総数は2万591人。競争率は11.0倍で、16年度の10.9倍からほぼ横ばい。合格者数トップの大学は例年通り東京大だが、16年度の433人から372人に大幅に減った。同大出身の合格者が400人を下回るのは、旧国家公務員一種試験時代の01年度(378人)以来16年ぶり。採用意欲が高まっている民間企業に学生が流れたことなどが背景にあるとみられる。

 合格者を対象に7月5日から各府省で面接が始まる。面接で絞り込まれた後、来春に採用される予定。(2017/06/30-09:19)

少子化による18才人口の減少の影響もあると思います。

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュース 生活術 青森県民は... | トップ | 6月30日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL