教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ サミットの後にマルタに外遊する安倍首相

2017年05月13日 19時21分18秒 | 国際・政治

サミットの後にマルタに外遊する安倍首相

2017-05-13

 きょう5月13日の日経新聞が一段の小さな記事で報じている。

 安倍首相は主要7か国(G7)首脳会議(サミット)に出席するために26-27日にイタリアを訪問した後、地中海の島国マルタを訪れる見通しとなったと。

 日本の首相のマルタ訪問ははじめてだと。

 日英同盟に基づいて第一次大戦に参戦し、英領だったマルタ島近海の防衛を担った旧日本海軍の駆逐艦が魚雷攻撃を受けた際に戦死した約60人らがねむる墓地を慰霊すると。

 今年は戦死した1917年から100年目にあたることから、かねてから首相は訪問を検討していたと。

 もはや何も書くことはない。

 理由はなんとでもつけられるが、文字通り個人的嗜好による「外遊」だ。

 およそマルタ国との外交とは無関係だ。

 よほど国内政治が平穏なのか。

 よほどこの国の首相は暇があるのか。

 そんなはずはない。

 こんな外遊を国会で誰も問題にせず、こんな記事が当たり前のようにメディに報じられる、その今の政治状況に、ただ呆れるばかりである(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOME 天木直人のブログ 共謀... | トップ | 男児の手、エスカレーターに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL