教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

15歳が自殺、親たちを震え上がらせている「死のゲーム」

2017年07月16日 21時30分19秒 | デジタル・インターネット

 

パソコンgoo画像検索

プ レーヤーが「自殺する」恐ろしいオンラインゲームが、米国中の年頃の子を持つ親たちを震え上がらせていると「東スポWeb」が報じた。参加者にはホラー映 画を見たり、危険な場所に行ったりする「課題」が与えられ、50日目に出される究極の課題は「自殺すること」。8日には、テキサス州の自宅で15歳の少年 が首をつって自殺する悲劇が起き、父親は「自殺はこのゲームが原因だ」として「子供のネットでの行動に目を配ってほしい」と親たちに訴えた。10日には 「ジョージア州で16歳の少女がゲームをした結果、自殺した」と報じられた。

全米震撼・オンラインの問題作「死のゲーム」 エンディング迎えると50日目に「自殺」(東スポWeb) - goo ニュース全米震撼・オンラインの問題作「死のゲーム」 エンディング迎えると50日目に「自殺」(東スポWeb) - goo ニュース

編集者:いま

 

 

自殺を誘引するようなオンラインゲームを流行させて欲しくはないと思います。アメリカは、日本より子供自殺が少ない国ではありませんか。 

ジャンル:
ネット
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【17日の天気】連休最終日も... | トップ |   金属バット振り回し歩く=... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL