教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 江崎大臣の日米地位協定見直し発言を批判する愚

2017年08月10日 13時10分55秒 | 国際・政治
 

江崎大臣の日米地位協定見直し発言を批判する愚

2017-08-10
 
縄北方領土担当大臣が、「日米地位協定をもう少し見直さないといけない、私はそういった気持ちを持っている」と記者会見で発言した。

 就任したばかりの、しかも基地問題を抱える沖縄を担当する現職閣僚が、ここまではっきりと日米地位協定の見直し発言をしたのは驚くべきことだ。

 しかし、野党もメディアも、あたかも発言を失言と騒ぎてて安倍攻撃に使っている。

 これほど愚かなことはない。

 もし野党やメディアが安倍首相を追いつめたいのなら、この江崎大臣の失言を褒め殺すべきなのだ。

 よくぞ言ってくれたと。

 まさしくこの発言は沖縄や日本国民の正直な思いだと。

 任命した担当相がここまで発言したのだから、今度こそ安倍首相は本気で日米地位協定に取り組むべきだと。

 そう言って安倍首相に迫るべきなのである。

 この失言に一番驚いたのは安倍首相であり在日米軍だろう。

 江崎大臣の更迭を求めるのは米国であり、できるものなら江崎大臣を更迭したいと真っ先に思ったのは安倍首相だろう。

 安倍首相はしたくても出来ないのだ。

 上がったばかりの支持率がまた下がるからだ。

 ひょっとして、江崎大臣は二階幹事長が送り込んだ安倍政権の刺客ではないのか。

 そんなことはない。

 この発言は正直者の江崎議員の単なる失言だ。

 しかし、そう思わせるほどの絶妙なタイミングで発せられた、絶妙な失言だったのだ。

 批判するより褒め殺すのだ。

 江崎大臣がここまで仰るのだから、日米地位協定の見直しは待ったなしではないでしょうかと。

 支持率を上げたければいまこそ日米地位協定の見直しをされたらどうかと。

 江崎大臣を批判したり江崎大臣の更迭を求めるのは、野党の戦略としては下の下である(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもの好きな野菜・嫌いな... | トップ |  HOME 天木直人のブロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL