教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 北朝鮮危機の行き着く先は北朝鮮の核の黙認しかない

2017年05月16日 15時55分37秒 | 国際・政治


北朝鮮危機の行き着く先は北朝鮮の核の黙認しかない

2017-05-16

 トランプがレッドラインと言った時、その意味するところは大陸間弾道ミサイル発射と核実験であるというのが世界の暗黙の了解だった。

 ところが金正恩は弾道ミサイル実験をあっさりおこなった。

 それにもかかわらずトランプは動かない。

 もちろん今度のミサイル発射は、まだ米国本土に届く大陸間弾道ミサイルではない。

 しかし、それに向かって北朝鮮は着実に技術向上を図っている。

 このまま何の手も打たなければ、北朝鮮はいつの日か間違いなく大陸間弾道ミサイルを完成させるだろう。

 トランプがいま動かないとすれば、それはレッドラインではなかったということだ。

 そして、もし今度の弾道ミサイル発射でトランプが動かなければ、北朝鮮は次は核実験を行うに違いない。

 その時、トランプはレッドラインを超えたといって北朝鮮を攻撃できるのか。

 結論から言えば出来ない。

 そんなことをすれば、世界の破滅とまでは行かないにしても大惨事になり、トランプは歴史に断罪される。

 これを要するに、北朝鮮危機の大騒ぎの行き着く先は、北朝鮮の核保有の黙認しかない。

 その事を、発売中のサンデー毎日(5月28日号)で、金子秀敏毎日新聞客員編集委員が教えてくれている。

 さる5月3日、北朝鮮の朝鮮中央通信が中国を名指しで批判するという、前代未聞の評論を書いた事があった。

 あれは金正恩の習近平に対するこれ以上ない批判だったというのだ。

 その真意は、金正恩体制の保障を求めることであり、それは取りも直さず北朝鮮の核保有の承認を求める事であるという。

 つまり金正恩はあの評論で「命と同じ核兵器は絶対に破棄しない」ということを習近平に伝えたというのだ。

 そして金子氏は、「北朝鮮危機の行方は北朝鮮の核保有を中国や韓国が黙認するかどうかが鍵だ」、とその論評を締めくくっている。

 金子氏は、それ以上の事を語ってない。

 しかし、私は中国や韓国はもとより、米国でさえも、北朝鮮の、「核開発の凍結」という名の、「核の保有」を、認めざるを得ないと思っている。

 なぜならば、トランプがレッドラインを超えたといって攻撃すれば、繰り返すように、大惨事になる。

 そんなことをすればトランプは歴史に断罪される。

 そして金正恩はトランプに対して決めゼリフがある。

 核廃絶を真っ先に行うのは、それをつくった米国だと。

 米国が率先して核廃絶を行えば北朝鮮は真っ先にそれに従うと。

 金正恩はまた習近平に対しても決めゼリフがある。

 米帝国主義と手を組んで世界を二分し、アジアを核兵器で支配するつもりかと。

 習近平に反論の言葉はない。

 北朝鮮危機で一番追い込まれているのは世界の軍事覇権国たちである。

 そして、その大元締めである米国だ。

 北朝鮮危機の解決策は世界から核兵器を廃絶することしかない。

 それが出来ないまでも、核兵器の不拡散、凍結、不使用しかない。

 それを世界に先駆けて提唱することこそ、唯一の被爆国であり、憲法9条を持つ日本の使命である。

 日本はその千載一遇のチャンスを無駄にしているばかりか、世界のどの国よりも北朝鮮に圧力をかけて煽っている。

 米国の軍需産業に加担してミサイル防衛システムの導入を図っている。

 安倍外交は過去と未来の日本国民に対し、これ以上ない大罪をおかしているのである(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  HOME 天木直人のブロ... | トップ | <訃報>日下武史さん86歳... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL