教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 終戦の日に合わせて首脳電話をかけて来る米国の無神...

2017年08月15日 22時48分26秒 | 国際・政治

終戦の日に合わせて首脳電話をかけて来る米国の無神経さ

2017-08-15

 きょうの各紙が報じている。

 米ホワイトハウスは14日、トランプ大統領が14日夜(日本時間15日午前)、安倍首相と電話会談すると発表したと。

 北朝鮮のグアム沖に向けた弾道ミサイル発射声明に対する協議であると見られていると。

 8月15日午前と言えば、日本国中が終戦の追悼を行うタイミングだ。

 平和の誓いをする時だ。

 そのタイミングを見計らったかのように米国は日米電話首脳会談を設定し、それを事前に公表した。

 しかも、今度の電話会談はただの電話会談ではない。

 北朝鮮有事に備えた緊急事態命令発動に関する協議だ。

 米国という国は、日時にこだわる執念深い国だ。

 A級戦犯を処刑した12月23日は今上天皇の誕生日に当たる。

 誕生を祝うその日に処刑を合わせたのは、昭和天皇の責任を忘れるなというメッセージを今上天皇に毎年思い出させる意図があったと言われている。

 もし、8月15日の電話会談が、平和を祈念している場合ではない、というメッセージなら言語道断だ。

 そうでなくとも、このタイミングで電話をかけてくるのはあまりにも無神経だ。

 米国の言いなりになってこのタイミングで電話会談を受けた安倍首相は、終戦の日の追悼より、日米軍事同盟を重視した、噴飯物の首相である(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOME 天木直人のブログ 「ド... | トップ | 「私利私欲」戦前回帰の安倍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL