教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

せき止め薬「コデイン」小児への処方制限へ…副作用で呼吸困難恐れ

2017年05月17日 15時31分37秒 | 健康・病気

10:46 読売新聞

厚生労働省は16日、せき止め薬などに使われる「コデイン」と呼ばれる成分を含む医薬品について、小児への処方を制限する方向で検討すると発表した小児で、ごくまれに重篤な呼吸困難の副作用が生じる恐れがあり、欧米など海外の一部では処方制限が行われている。厚労省によると、コデインはモルヒネに類似した成分。国内では、医師による処方箋が必要な医療用医薬品で約60製品、市販薬では約600の製品で使われている。添付文書で、小児に対し慎重に投与するよう求めていた。具体的な処方制限の内容や対象年齢などは、6月に開く有識者検討会で決めるとしている。』

 

呼吸困難以外、腸の神経にも影響が出て腸が詰まる副作用も大人でも出ます。

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOME天木直人のブログサイバ... | トップ | 5月17日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL