教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME天木直人のブログ「かんな屑」という言葉は安倍首相にこそお似合いだ..

2017年05月05日 17時24分22秒 | 国際・政治

「かんな屑」という言葉は安倍首相にこそお似合いだ 

2017-05-05

.

 

 それにしても安倍首相はつまらないことをべらべらと冗舌にしゃべる首相だ。

 国家答弁もそうだが、記者会見やメディアへのインタビューもそうだ。

 それが一国の首相としてふさわしい内容ならそれもいいだろう。

 しかし安倍首相の言葉はおよそ首相としての言葉にふさわしくないものばかりだ。

 読売新聞の独占インタビューや日本会議の集会へのビデオメッセージの後は、産経新聞が発行する夕刊フジの連休特集号(5月4日号)の独占インタビューが掲載されていた。

 それをたまたま見つけた私は、特別号価格300円を支払ってそれを買って読んだ。

 そしてあきれ果てた。

 冒頭から北朝鮮の軍事的脅威に触れて、トランプ大統領の北朝鮮への覚悟は本物であり、すべての選択肢がテーブルにあると言葉と行動で示すトランプを大統領を高く評価すると言っている。

 軍事的対応もあると言っているのだ。

 その後に続く言葉も、憲法9条では平和は守れない、テロは防げない、と、まるで本気でそう思っているかのごとくしゃべている。

 こんな事を、しかも自らを持ち上げてくれる特定のメディアで、軽々に語る首相は、自らの軽薄さを世にさらしてるようなものだ。

 こんな人物が首相なのである。

 その首相が1強支配の政治を行っているのである。

 かつて作家の平林たい子は、中曽根首相を「カンナ屑のようにペラペラ燃える男」と評したという。

 風見鶏と言われた中曽根首相の冗舌ぶりを揶揄した言葉だ。

 その言葉は、いま安倍首相にこそ向けられるにふさわしい言葉だ。

 中曽根首相は平林たい子の批判に対し、「うまいこというなあー」と言って余裕を見せたという。

 安倍首相はむきになって反発するに違いない。

 ここでも安部首相は中曽根大勲位の足もとにも及ばない(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOME天木直人のブログこれは... | トップ | HOME天木直人のブログ安倍首... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL