教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME天木直人のブログ既存の政党が決してやろうとしない二大外交テーマ

2017年08月17日 12時41分20秒 | 国際・政治

 

既存の政党が決してやろうとしない二大外交テーマ

2017-08-17

 安倍政権はもちろんの事、たとえ安倍政権が終り、その後に岸田だか石破だか知らないが、代りの首相による自民党政権が続いても変わらない。

 自民党に代わる保守政権(たとえば小池新党を中心とした連合政権)が出来ても、やはり変わりそうもない。

 そして、まず、そういう事にはならないが、共産党を含めた左翼的な野党連合が万が一政権を取ったとしても、決して本気でこの二大テーマに取り組もうとしないだろう。

 そういうタブーのような二大政治テーマが、この国にはある。

 それが日米安保体制の見直しと、日朝国交回復交渉だ。

 きょう8月17日の朝日が実例を挙げて教えてくれている。

 イタリアにしてもドイツにしても、駐留米軍に対して主権を行使しているのに、なぜ日本だけここまで主権を放棄しているのかと。

 しかし、イタリアやドイツだけではない。

 朝日のその記事は触れていないが、フィリピンもイラクも主権を要求している。

 ところが日本だけは主権放棄状態だ。

 なぜか。

 それは日米安保体制の根幹にかかわる政策であるからだ。

 同様に言える事は、北朝鮮との国交回復交渉だ。

 もちろんその一環として拉致問題も解決する。

 小泉首相は平壌宣言でそれをしようとして、頓挫した。

 そして、いまも頓挫したままだ。

 保守政党がやろうとしないのはわかる。

 北朝鮮がこれだからだ。

 しかし、左翼政党でさえも、本気でやろうとしない。

 左翼がそれをやろうとすると、国民は反発するからだ。

 イデオロギーの観点からそれらを進めようとしている、と色眼鏡で見られるからだ。

 だからこそ左翼政権もまた動けないのである。

 しかし、この二つのテーマは戦後に残された日本の二大政治テーマである。

 左翼でない政党がこの二つを、国民的支持を得て、動かさなくてはいけない。

 それをやろうとしているのが新党憲法9条である。

 動かすところまで大きな政党にならなくても、時の政権にそれを求めて、そうさせればいいのである。

 新党憲法9条ならそれが出来る(了)

 

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOME天木直人のブログイスラ... | トップ | 【経済優先の安倍政権】 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
独立戦闘国家「北朝鮮」 (とおりすがり)
2017-08-17 23:27:10
かわぐちかいじによる「沈黙の艦隊」では、核弾頭を積載した可能性が高い日本初の原潜が反乱を起こし、海江田を国家元首とする独立戦闘国家「やまと」を名乗る。やまとが独立宣言を行ったのも、核戦力を国家から解放、独立させるためである。核武装した北朝鮮は、ちょうど、沈黙の艦隊に登場する”やまと”が陸上の国家の形をとったのと基本的に変わらない。つまり北朝鮮の目指しているのは「真のアジアの独立と平和」なのである。日本や韓国は北朝鮮と軍事同盟を結び、米国との地位協定を解消し、欧米各国と平等な立場で平和条約、軍事同盟を結ぶことができることを模索すべきだろう。それが世界平和に一番の近道である。北朝鮮の若き指導者はアジアの平和のリーダーなのである。
http://kaikai.ch/board/20928/

核兵器禁止条約、北朝鮮は決議採択に賛成 米の核使用禁止期待
http://www.sankei.com/world/news/161028/wor1610280048-n1.html

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL