教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 解散・総選挙は来年秋までないとスクープ報道した朝.

2017年03月06日 18時20分41秒 | 国際・政治
 
解散・総選挙は来年秋までないとスクープ報道した朝日の衝撃
2017-03-06
 
きょう3月6日の朝日新聞が一面トップでスクープ報道した。

 安倍首相は解散・総選挙の時期を、来年(2018年)9月の自民党総裁選後とすることも含めて、先送りする検討を始めたと。

 これは、同じくきょう3月6日の産経新聞が書いている「予算成立後の4月解散説」や、きょう発売の週刊ポスト(3月17日号)が書いている「7月都議選との同時解散説」とはまったく正反対の予想記事である。

 どちらが正しいか。

 私はその書きぶりから見て朝日が断然正しいと考えている。

 そして私がこの朝日のスクープ記事を読んで真っ先に念頭に浮かんだのは、情報月刊誌「選択」の2月号が書いた仰天記事だ。

 私は2月5日のメルマガ第98号でその事を書いた。

 すなわち、「安倍に『三期目』やる気なし」と題する「選択」のその記事 は、安倍首相には来年秋の自民党総裁選まで解散する気はないと書いた。

 そして安倍首相は来年9月の総裁選挙に立候補して続投する気はないとまで書いた。

 私が仰天したのはその事であった。

 そして私は、それは十分有りうると妙に納得し、その事をメルマガで書いた。

 それ以上長くやっても行き詰まるだけだ。

 誰がその後を引き継いでも山積する難題に苦しむだけだ。

 やりたい放題やって、あとはよろしくと逃げる、安倍首相がそう考えてもおかしくないと思ったからだ。

 ところが朝日の記事はそれを真っ向から否定している。

 安倍首相は3年9年までやる気を見せているというのだ。

 もしこの朝日の記事が事実なら、安倍首相の強気はここに極まれり、である。

 そして、それもまたいかにも安倍首相らしい。

 もしそうなら、3期9年の任期の間に、辺野古はつくられ、日本は米軍に完全に支配され、中国との和解はますます困難になってアジアは分断され、なによりも憲法9条は捨て去られる。

 それを阻止する事ができるのは、森友疑惑で野党共闘が安倍政権を総辞職に追い込めるかどうかだ。

 勝負は今しかない。

 野党共闘がこの千載一遇のチャンスを活かして安倍外遊を阻止し、安倍打倒につなげる事が出来なければ、安倍長期政権は確実になる。

 日本の戦後政治の正念場である(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金正男氏暗殺の「実行部隊」... | トップ | ある日、竹30本が伐採され... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL