教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 麻生財務相のゴルフ会員権購入と稲田防衛相の株売買

2017年07月06日 19時43分19秒 | 国際・政治

麻生財務相のゴルフ会員権購入と稲田防衛相の株売買

2017-07-06

 突然、麻生財務大臣のゴルフ会員権購入問題がメディアに流され、麻生大臣があっさりこれを認めて謝罪し、このニュースはこれっきりで終わった。

 おりから麻生財務相の安倍おろしの動きが政治ゴシップとして報じられるようになった。

 もしこのニュースが、官邸による麻生けん制のなせるわざであれば、麻生財務相は怒り心頭だろう。

 黙って泣き寝入りはしないだろう。

 麻生財務大臣が反撃するとすれば、稲田防衛相の株売買のニュースを書かせるはずだ。

 麻生財務大臣のゴルフ会員権購入がニュースになった理由は、2001年に出来た大臣規範のためだ。

 その規範によれば、大臣はゴルフ会員権の購入をしてはいけない事になっているらしい。

 しかし大臣規範では、同時に大臣の株式売買も禁じられているという。

 そして稲田防衛相は多数の株をいまでも保有して売買している。

 この事は、すでにこれまで何度も報じられ周知の事実だ。

 稲田防衛相の株式売買のたちの悪さは、麻生財務大臣のゴルフ会員権購入の比ではない。

 インサイダー疑惑のおそれすらある。

 もし麻生財務相の安倍おろしが本物で、それをけん制するために官邸側が麻生財務大臣のゴルフ会員権購入をリークしたなら、麻生財務相の対抗措置は、稲田防衛相の株式売買を騒ぎ立てることだとう。

 果たして稲田防衛相の株式売買がニュースを賑わす事になるのか。

 もし、そうならないなら、安倍・麻生の対立は、根拠のないうわさでしかないということだ。

 あるいは、いま麻生財務相が安倍首相と喧嘩しても勝ち目はない、そう見極めて麻生大臣が泣き寝入りしたと言う事である(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOME 天木直人のブログ 報じ... | トップ | <原子力規制委員長>田中氏... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL