教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 「一帯一路」首脳会合に招待されなかった安倍首相

2017年05月16日 15時14分53秒 | 国際・政治

「一帯一路」首脳会合に招待されなかった安倍首相

2017-05-16
 
 二階幹事長が安倍首相の親書を持って「一帯一路」首脳会合に出席した。

 二階幹事長が「一帯一路」会合に出席するというニュースを最初に知った時、私は安倍首相はつくづく愚かだと思った。

 なぜなら、習近平主席と会談する絶好の機会をみすみす手放す事になるからだ。

 いくら中国包囲網で凝り固まっているからといって、いくら習近平主席が嫌いだからといって、外交を放棄するようでは話にならない。

 おまけに「一帯一路」は習近平主席の晴れの舞台だ。

 出席して祝福すれば恩が売れる。

 なぜそのような外交ゲームが出来ないのか。

 みずから出席せずに二階幹事長に代理出席させたのか。

 親書を持たせるくらいならなおさら出席して首脳会談を行うべきだ。

 そういう考えがアレコレ私の頭をよぎった。

 ところが、きょう5月16日の産経新聞の記事を読んですべてに合点が行った。

 安倍首相は出席したかったが習近平が招待しなかったのだ。

 藤本欣也記者が「一帯一路の実像」というコラムで次のように書いている。

 実は、今度の「一帯一路」首脳会合は、どんな国でも首脳が参加できるわけではなかったと。

 すなわち中国は招待国をA、B、Cとランク付けし、Aは首脳参加の国、Bは閣僚を招待する国、そしてCは招待状を送らない国、などと選別したというのだ。

 そして日本には閣僚出席の招待状しか来なかったというのだ。

 習近平主席にBランクづけされた安倍首相は果たしてどのような心境だったのだっろうか。

 だから習近平はけしからんと怒りを増幅させたのか。

 それとも、二階幹事長という閣僚以上の重鎮を派遣して、親書を持たせ、この次はよろしくと、習近平との関係修復に努めようとしたのか。

 親書の中身はどのようなものだったのか。

 それについてはいずれメディアが教えてくれるに違いない。

 果たしてどのメディアが真っ先にそれを教えてくれるだろうか。

 メディアの書く内容とともに、私にとっては最大の関心事のひとつである(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キッシンジャー博士は、「米... | トップ |  HOME 天木直人のブロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL