教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

ノロ感染性胃腸炎、06年に迫る大流行に

2016年12月28日 18時27分03秒 | 健康・病気

 

ノロ感染性胃腸炎、06年に迫る大流行に

(読売新聞) 12月27日 12:42

感染性胃腸炎の患者数の推移

感染性胃腸炎の患者数の推移

(朝日新聞)

 ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が増え続け、1医療機関当たりの患者数が20・89人に達し、警報レベルの20人を超えた。

 現在の集計法になった1999年以降では、2006年に迫る大流行になっている。遺伝子が変化したタイプ(変異型)のウイルスが広がったとみられる。厚生労働省は改めて食中毒などに注意するよう呼びかけている。

  山形の47・27人が最も多く、宮城34・08人、埼玉31・66人、宮崎30人、富山29・24人が続いた。関東地方ではほかに、東京、神奈川、千葉、茨城が20人を超えた。

 

 

ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  天木直人の公式ブログ「日米... | トップ | 糸魚川大火に耐えた奇跡の1軒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL