教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 対北朝鮮包囲網の重要性を説く東京新聞は本物の護憲...

2017年05月16日 15時44分45秒 | 国際・政治

対北朝鮮包囲網の重要性を説く東京新聞は本物の護憲ではない

2017-05-16

 

 私は5月4日のメルマガ第368号で書いた。

 「自衛隊はあくまで防衛に徹する『盾』となり、強力な打撃力を持つ米軍が『矛』の役割を果たす。この役割分担こそ、9条を生かす政治の知恵だ」と社説で書いた朝日新聞は、決して護憲新聞ではない、と。

 憲法9条より日米同盟を優先する朝日新聞は間違いなく護憲ではない。

 今度は東京新聞だ。

 きょう5月16日の東京新聞は、北朝鮮の今度のミサイル実験に関連し、「包囲網の再構築を急げ」と題する驚くべき社説を掲げた。

 そこに書かれている事は安倍首相が唱えている事と瓜二つだ。

 私はかねてから思ってきた。

 東京新聞は決して本物の護憲新聞ではない。

 朝日がリベラルの雄を降りた後に、その護憲を引き継ぐために営業的に護憲を売りものにしているだけではないかと。

 きょうの社説を読んでその思いは確信に変わった。

 本物の護憲新聞ならこんな社説を書けるはずがない。

 疑う読者がいたらぜひ一読することをお薦めする(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOME 天木直人のブログ 「一... | トップ | HOME 天木直人のブログ 北朝... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL