教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 新党憲法9条構想の正しさを証明してくれた読売新聞...

2017年04月29日 13時46分55秒 | 受験・学校・学問

新党憲法9条構想の正しさを証明してくれた読売新聞の世論調査  

2017-04-29

 きょう4月29日の読売新聞が憲法に関する全国世論調査の結果を報じていた。

 それを見て私は新党憲法9条構想は正しく、その実現は可能だと確信した。

 憲法の中でどの部分に最も関心があるかという問いに対し、「戦争放棄、自衛隊」と答えた者が63%と、二番目の「天皇や皇室」の43%を抜いて圧倒的に多い。

 そして憲法を変えるべきか変えないべきかに対する答えは、いずれも49%と拮抗している。

 憲法全体でそうだから、憲法9条に限っては、多数の国民が変える必要はないと考えているということだ。

 さらに、改憲する必要がないと考えるその理由の中で、「世界に誇る平和憲法だから」を理由に挙げているものが57%もの多数を占めている。

 安倍政権を支える読売新聞の世論調査がこの結果である。

 連日、北朝鮮の危機が報じられている最中の世論調査の結果がこれである。

 世論が右傾化していると皆が指摘する中での世論調査結果がこれである。

 憲法論争を政争の具にしているのはこの国の政治だ。

 憲法9条は日本が持っている最強の資産だ。

 いまこそ憲法9条を国是として、日本は世界の指導国を目指せ。

 そう、堂々と主張するだけで、多くのまともな国民はそうだと頷くはずである。

 なによりも、世界の圧倒的な国民は、そんな日本を拍手で歓迎する。

 繰り返して言う。

 憲法9条を既存の政党、政治家の政争の具にしてはいけない。

 新党憲法9条をこの国の政治の中に最初に誕生させたものこそ、日本の危機を救い、世界の危機を救うのである。

 そして、それは、新党憲法9条構想を支援するあなたである(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOME 天木直人のブログ おそ... | トップ | 北の弾道ミサイル 最大高度7... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

受験・学校・学問」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL