教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 官僚たたきを繰り返す森ゆう子と山本太郎のピント外...

2017年06月22日 18時28分24秒 | 国際・政治

官僚たたきを繰り返す森ゆう子と山本太郎のピント外れ

2017-06-22

 加計学園追及で自由党の森ゆう子と山本太郎が文科省や内閣府の官僚たちを口汚く叩いている。

 その光景をテレビがこれ見よがしに流している。

 これを見た時、こんなピント外れをやっているから安倍首相を逃がすのだと無性に腹が立った。

 政治家がいま叩くべきは安倍首相である。

 文科省や内閣府の官僚たちを味方につけずに、敵にまわしてどうする。

 彼らはむしろ行政を歪めた安倍暴政の犠牲者なのだ。

 安倍暴政に怒って内部告発した前川次官やそれを見て立ち上がった若手官僚はもとより、安倍政権を庇うために嘘をつかされている官僚たちもまた内心安倍首相に怒っているのだ。

 出世という餌をぶら下げられて面従腹背している幹部官僚たちでさえ、いざとなれば安倍政権を見放す。

 彼らを味方にして安倍首相を追い込まなくてはいけないのだ。

 それなのに、そんな官僚たちをあそこまで惨めに叩いて、敵に回してどうする。

 それは弱い者いじめだ。

 ましてや、森ゆう子や山本太郎が正義ずらしてパフォーマンスしているなら言語道断だ。

 叩かれた官僚たちはもとより、善良な官僚たちですら、思っているに違いない。

 お前らだけには言われたくないよ、と。

 安倍政権を逃がしているのは、このような無能なパフォーマンス政治家たちである(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ご案内】6月25日(日)「... | トップ | HOME 天木直人のブログ 歴史... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL