教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

衝突、中学野球部員2人死亡…20人以上搬送

2016年10月08日 12時14分37秒 | 受験・学校・学問

読売新聞 10月8日(土)11時13分配信

 

衝突で右前部が大破したマイクロバス(8日午前10時58分頃、石川県七尾市笠師で)

 8日午前6時40分頃、石川県七尾市中島町笠師の自動車専用道路「のと里山海道」で、同県珠洲(すず)市立緑丘中学校の野球部員21人ら23人が乗ったマイクロバスと、2人が乗ったワゴン車が正面衝突し、男子部員2人が頭などを強く打ち死亡、20人以上が病院に搬送された。 県警七尾署や同校によると、マイクロバスには、監督の30歳代の男性教諭と保護者1人、1、2年生の男子生徒21人が乗車。教諭か保護者が運転していたとみられる。ワゴン車は男性(45)が運転し、息子(11)が同乗していた。 現場は七尾市役所から北西約15キロの山中。緩いカーブが続く片側1車線で中央分離帯はなかった。同署が事故原因を調べている。」

片側1車線通行道路で、事故原因は分かりませんが。プロのバス運転手でないとマイクロバスの運転もなかなか難しいと思います。全国的な問題ですが、大会やえ遠征試合の時にき教育委員会がプロのバス運転手と契約し支援て出来ないものでしょうか。

『石川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  性犯罪 大阪府警巡査長を痴... | トップ | 小沢一郎代表は、参院選で1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

受験・学校・学問」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL