教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

HOME 天木直人のブログ 訪日して憲法9条否定の暴言を吐いたペンスとそれを...

2017年04月23日 16時40分11秒 | 国際・政治
 


訪日して憲法9条否定の暴言を吐いたペンスとそれを見逃す日本

2017-04-23

 少し前の事になるが、ペンス米副大統領が訪日し、「米国は力の道を選ぶ」と公言したと報じられた。

 「圧倒的、効果的」な対応で北朝鮮を打倒するとまで言ったと報じられた。

 この発言を報道で知った私は、これ以上ない怒りを覚えたものだ。

 憲法9条を持つ日本の国土に来ておきながら、よくもその精神を否定するこんな暴言を吐けるものだと。

 しかし、この発言を報じるどのメディアを見ても、その事を指摘したものは皆無だった。

 この暴言を批判する護憲政党、政治家、有識者は皆無だった。

 この時ほど私はこの国の憲法9条を守ろうとする勢力のいかさまぶりを痛感した事はなかった。

 もっとも、ペンス副大統領は米海軍横須賀基地に停泊中の空母ドナルド・レーガンの艦上でその演説を行った。

 米軍基地も米軍の空母も米国の主権下にある。

 だから日本での発言ではなく、あくまでも米国の主権下での発言ということになる。

 米国内で副大統領が何を言うと勝手だ、という事になる。

 しかし、日本の中に、日本の主権が及ばない米軍基地や米国空母が大手を振って存在していることこそ憲法9条違反だ。

 このままトランプ政権と安倍政権が続き、さらなる日米同盟強化が進んでいくと、憲法9条は改憲されても、されなくても、完全に否定されることになる。

 そうなってしまったら、何を言っても無駄になる。

 この事を日本の護憲政党、政治家、有識者はどれほど深刻に受け止めているだろうか。

 何としてでも新党憲法9条をこの国の政治の中に誕生させなくてはいけない。

 その思いを確固とさせてくれたペンス米副大統領の演説であった(了)

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HOME 天木直人のブログ 何度... | トップ | HOME 天木直人のブログ 安倍... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL