教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

31年ぶりライオンの赤ちゃん 桐生が岡動物園 群馬

2017年07月30日 20時38分12秒 | ニュース

 

特集将棋、ペット、おでかけ

 

産経新聞2017年07月30日17時14分

 

 

『 群馬県桐生市宮本町の桐生が岡動物園で、ライオンの赤ちゃんが今月19日に3頭誕生した。ライオンの赤ちゃん誕生は、同園では雄2頭が生まれた昭和61年4月29日以来、31年ぶり。 赤ちゃんは平成27年12月に富士サファリパーク(静岡県裾野市)から入園した父親の「チャコ」と母親の「ライラ」の間に生まれた。 3頭とも性別はまだ確認できないが、同園によると、出産後は母子ともに健康で、いずれもライラの乳を飲んですくすくと育っているという。一般公開は8月下旬頃になる見通しだ。』

 

かわゆいライオンの赤ちゃん、虎の子のような貴重なライオンの赤ちゃんですね。

『群馬県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高学歴ほど低い「病気リスク... | トップ | 第69回◆板垣英憲「情報局」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事