教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

東京学芸大の教授 一斉メールで「留年して」

2017年09月18日 15時16分03秒 | 受験・学校・学問

 9/12(火) 21:22配信 TOKYO MX

 『東京・小金井市にある東京学芸大学教育学部の男性教授が、複数の学生に留年をほのめかすなどの嫌がらせを繰り返す、いわゆる「アカデミックハラスメント」をしたとして、大学は男性教授を諭旨解雇処分にしました。 東京学芸大学によりますと、男女3人の元学生が卒業後、大学に対して、50代の教育学部の男性教授によるアカデミックハラスメントの被害を訴えたということです。教授は、学生に留年をほのめかしたり、企業の内々定を取り消させようとしたりと、嫌がらせを繰り返していたということです。 「なぜ17時に研究室にいなかったのか。今夜中に必ず返信しなさい」「卒論の進捗(しんちょく)の悪い人は論文を提出できません」「留年してください」など、学生に不安を与えるような数々のメールは、メーリングリストを利用して他の複数の学生たちも読めるよう、教授が一斉送信していました。 学芸大学に通う現役の学生からは「残念です」「(教授と学生が)うまく合わなかったのかなと思うが…」「大学の教員としてはやっちゃいけないことだと思うし、してほしくないと思います」といった声が聞かれました。 大学によりますと、被害を訴えた卒業生のうち2人は、就職したものの今も精神疾患で働けない状態だということです。 一方、諭旨解雇処分となった教授は11日付で辞職し、反省しているものの、言動の一部については「指導の一環だった」としています。 東京学芸大学は「誠に遺憾であり、再発防止に努めたい」とコメントしています。』

 

今の時代大学生が、豊かな学生生活を送っているとはとても言えません。一年留年したら、学費も生活費も必要ですし、就職も不利です。一昔前とは違い国公立大学と私立大学の格差是正で、保護者の負担も楽では有りません。 脅かして留年させるより、学生の研究意欲を高め無事卒業させるのが、教育学部の教授の教育指導力では有りませんか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  HOME天木直人のブログ火事場... | トップ | テーマ:安倍晋三首相いよい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

受験・学校・学問」カテゴリの最新記事