教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

第58回◆板垣英憲「情報局」勉強会◆「天皇陛下は象徴天皇を世界の天皇に高められた」 ~象徴天皇は、虚器(ロボット)に非ず、光被の実器である

2016年10月01日 00時09分41秒 | 国際・政治

~ニュースにブログ~

第58回◆板垣英憲「情報局」勉強会◆「天皇陛下は象徴天皇を世界の天皇に高められた」 ~象徴天皇は、虚器(ロボット)に非ず、光被の実器である

2016年09月30日 07時18分52秒 | 政治

「天皇陛下は象徴天皇を世界の天皇に高められた」
~象徴天皇は、虚器(ロボット)に非ず、光被の実器である
~小池百合子劇場第3幕、いよいよ始まる
「希望の塾⇒小池新党結党」「1月解散・総選挙」へ、政界動乱!


【講師】 政治経済評論家・板垣 英憲
【日時】2016年10月2日(日)
  午後13:00~15:50(午後12:30受付開始)
【会 場】 小石川後楽園内「涵徳亭」 (広間)

(東京都文京区後楽1-6-6( TEL 03-3811-3015)
アクセス


【定 員】 38名 
※先着順 定員になり次第締め切らせていただきます
【会 費】 2,000円  (会場にてお受けさせていただきます)
お申し込み

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
「象徴天皇」の「光被」は、国民のみならず、世界人類に寄り添い、いたわり、慰め、祈り、励まされる行為である

◆〔特別情報1〕
 天皇陛下は、「光被」すなわち、「君徳」(君主としての立派な人柄。君主の徳=身についた品性。社会的に価値のある性質。善や正義にしたがう人格的能 力)を広く世の中に行きわたらせ続けておられる。それは、単なる権威や権力とは違う「象徴天皇」として国民のみならず、世界人類に寄り添い、いたわり、慰 め、祈り、励まされる行為である。天皇皇后両陛下は9月28日、国体の総合開会式などにご臨席のため、羽田空港発の特別機で岩手県に入られた。天皇陛下が 「生前退位」への強い思いを表明してから震災の被災地に足を運ばれるのは初めて。両陛下の岩手訪問は2013年7月以来で、震災後3回目となった。

つづきはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話からのアクセスはこちら→「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」*有料サイト(申し込み日から月額1000円)
携帯電話から有料ブログへのご登録



第58回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年10月2日 (日)
「天皇陛下は象徴天皇を世界の天皇に高められた」
~象徴天皇は、虚器(ロボット)に非ず、光被の実器である~小池百合子劇場第3幕、いよいよ始まる
「希望の塾⇒小池新党結党」「1月解散・総選挙」へ、政界動乱!


平成28年10月22日 (土)12時30分~16時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
テーマ:「天皇陛下が創造する新世界~世界のマスメディアが尊崇!」
場所 小石川後楽園内「涵徳亭」円月
参加費 5,000円


第16回 板垣英憲・『悠久の歴史研究会』
日時2016年10月22日(土)16時30分~20時30分
シュメール・バビロニアをルーツとする
「我が皇室の淵源 天皇の尊号と理想信仰」
~「日ユ同祖論」についての1考察


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!
クリス・ノース(政治学者),ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長),板垣英憲(元毎日新聞政治部記者),リチャード・コシミズ(日本独立党党首)
ヒカルランド


※上記クリックするとアマゾンにジャンプします

総ルビ完全復刻版 猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈上〉 第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか
著者名:四王天延孝 監修:板垣 英憲
ともはつよし社


総ルビ完全復刻版 猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈下〉 第二次世界大戦の目的は地球全部を含む「真の大ユダヤ国」の建設
著者名:四王天延孝 監修:板垣 英憲
ともはつよし社


嘘まみれ世界経済の崩壊と天皇家ゴールドによる再生 世界を一つにまとめるのはやはりNIPPONだった!
クリエーター情報なし
ヒカルランド


『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド
2016年09月30日 07時18分52秒 | 政治

「天皇陛下は象徴天皇を世界の天皇に高められた」
~象徴天皇は、虚器(ロボット)に非ず、光被の実器である
~小池百合子劇場第3幕、いよいよ始まる
「希望の塾⇒小池新党結党」「1月解散・総選挙」へ、政界動乱!


【講師】 政治経済評論家・板垣 英憲
【日時】2016年10月2日(日)
  午後13:00~15:50(午後12:30受付開始)
【会 場】 小石川後楽園内「涵徳亭」 (広間)

(東京都文京区後楽1-6-6( TEL 03-3811-3015)
アクセス


【定 員】 38名 
※先着順 定員になり次第締め切らせていただきます
【会 費】 2,000円  (会場にてお受けさせていただきます)
お申し込み

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
「象徴天皇」の「光被」は、国民のみならず、世界人類に寄り添い、いたわり、慰め、祈り、励まされる行為である

◆〔特別情報1〕
 天皇陛下は、「光被」すなわち、「君徳」(君主としての立派な人柄。君主の徳=身についた品性。社会的に価値のある性質。善や正義にしたがう人格的能 力)を広く世の中に行きわたらせ続けておられる。それは、単なる権威や権力とは違う「象徴天皇」として国民のみならず、世界人類に寄り添い、いたわり、慰 め、祈り、励まされる行為である。天皇皇后両陛下は9月28日、国体の総合開会式などにご臨席のため、羽田空港発の特別機で岩手県に入られた。天皇陛下が 「生前退位」への強い思いを表明してから震災の被災地に足を運ばれるのは初めて。両陛下の岩手訪問は2013年7月以来で、震災後3回目となった。





第58回 板垣英憲「情報局」勉強会のご案内
平成28年10月2日 (日)
「天皇陛下は象徴天皇を世界の天皇に高められた」
~象徴天皇は、虚器(ロボット)に非ず、光被の実器である~小池百合子劇場第3幕、いよいよ始まる
「希望の塾⇒小池新党結党」「1月解散・総選挙」へ、政界動乱!


平成28年10月22日 (土)12時30分~16時
元毎日新聞記者・政治経済評論家歴45年!
板垣英憲が伝授する「必勝!」のための情報キャッチ術・情勢判断学
~情報4重層「表・裏・陰・闇」とジレンマ情勢予測秘術
テーマ:「天皇陛下が創造する新世界~世界のマスメディアが尊崇!」
場所 小石川後楽園内「涵徳亭」円月
参加費 5,000円


第16回 板垣英憲・『悠久の歴史研究会』
日時2016年10月22日(土)16時30分~20時30分
シュメール・バビロニアをルーツとする
「我が皇室の淵源 天皇の尊号と理想信仰」
~「日ユ同祖論」についての1考察


◆板垣英憲の新刊のご案内◆

トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!
クリス・ノース(政治学者),ベンジャミン・フルフォード(元フォーブス誌アジア太平洋支局長),板垣英憲(元毎日新聞政治部記者),リチャード・コシミズ(日本独立党党首)
ヒカルランド


※上記クリックするとアマゾンにジャンプします

総ルビ完全復刻版 猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈上〉 第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか
著者名:四王天延孝 監修:板垣 英憲
ともはつよし社


総ルビ完全復刻版 猶太(ユダヤ)思想及(および)運動〈下〉 第二次世界大戦の目的は地球全部を含む「真の大ユダヤ国」の建設
著者名:四王天延孝 監修:板垣 英憲
ともはつよし社


嘘まみれ世界経済の崩壊と天皇家ゴールドによる再生 世界を一つにまとめるのはやはりNIPPONだった!
クリエーター情報なし
ヒカルランド


『悪の地政学』と『悪の戦争経済』でわかった 日本人が背負う《世界大戦》重大リスク この恐怖のシナリオの狭間でどう生き残るのかNIPPON
クリエーター情報なし
ヒカルランド
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【市営交通民営化の行方】 ... | トップ | <幻の名車>日野「コンテッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際・政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL