教育カウンセラーの独り言

今起こっている日本の教育の諸問題と受験競争の低年齢化している実態を見据えます。

たばこ1箱700円目指す=小宮山厚労相

2011年09月05日 22時39分48秒 | 国際・政治
ここから本文です 時事通信 9月5日(月)16時48分配信 『小宮山洋子厚生労働相は5日の記者会見で、たばこ税について、「昨年私は毎年100円ずつ上げようと(政府税制調査会で)提言した。いろいろなデータからすると(1箱当たり)700円台ぐらいまでは税収が減らないので、少なくともそこまではたどり着きたい」と述べ、今後、毎年一定額を値上げし、増税すべきだとの考えを示した。同相は超党派の議員で構成する「禁煙推進議員連盟」の元事務局長。政府税調では、復興財源の一つとして、同税増税が検討されている。 』
タバコの値段を上げれば、タバコを吸う人が減ると言う論理です。1000円にすれば買う愛煙家減り税証言となると思います。この不況と東日本大震災でタバコを数回数も減るのではないでしょうか。政治家と庶民の目線に開きが無いでしょうか。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

●2012年~2016年▲36日目■横山光輝の白峰365日語録

2011年09月05日 20時38分06秒 | 悩み

■分子よりも原子、もっと微細な波動で希薄になるのです=半霊半物質

されど、今この現状では、2012年の完全トランスフォームは無理でしょう!

やはり、2012年から2016年にかけてですね。


   
追伸:今日のたけしさんのブログ『昨日の都市伝説TVを見て・・』
http://ameblo.jp/yokoyamatakeshi/entry-11004394197.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豪州を1-0で下し、五輪出場へ大きく前進=サッカー日本女子代表

2011年09月05日 20時29分06秒 | インポート
ここから本文です スポーツナビ 9月5日(月)18時22分配信
『サッカー日本女子代表(なでしこジャパン)は5日、中国・山東でロンドン五輪・アジア最終予選の第3戦となるオーストラリア戦に臨み、川澄奈穂美のゴールで1-0と勝利。3連勝で五輪出場権獲得の2位以内に大きく前進した。 日本は澤穂希、宮間あやらレギュラー組が名を連ね、第2戦の韓国戦からは、安藤梢と永里優季が入れ替わった。対するオーストラリアはタイ戦から8人のメンバーを変更した。 序盤は一進一退の展開となるが、次第に日本が押し気味に試合を進める。中盤を省略し、FWデバンナへ徹底してクロスを送るオーストラリアに対し、日本は永里優や川澄が決定機を迎える。しかし、ゴールには至らず、0-0のまま試合を折り返した。 後半に入っても日本がオーストラリアゴールを攻め立てる。すると17分、永里優のスルーパスから川澄が相手GKとの1対1を冷静に決め、待望の先制点。その後も日本が攻勢を強めるが、追加点はならず。1-0で豪州を下した。 最終予選は6カ国が総当たりで戦い、上位2チームが来年に行われる五輪への出場権を獲得する。日本は9月8日、第4戦で北朝鮮女子代表と対戦する。
<日本女子代表メンバー>
GK:1 海堀あゆみ
DF:2 近賀ゆかり、3 岩清水梓、4 熊谷紗希、15 鮫島彩
MF:6 阪口夢穂、8 宮間あや、9 川澄奈穂美→7 安藤梢(後半26分)、10 澤穂希(Cap)
FW:11 大野忍→18 丸山桂里奈(後半37分)、17 永里優季
サブ:12 福元美穂、5 矢野喬子、14 上尾野辺めぐみ、16 田中明日菜、13 宇津木瑠美、19 高瀬愛実、20 永里亜紗乃』
中国・山東でロンドン五輪・アジア最終予選の第3戦となるオーストラリア戦にサッカー日本女子代表・なでしこジャパン臨み、川澄奈穂美のゴールで1-0と勝利したのは本当に良かったですね。五輪出場権獲得の2位以内に入る為に是非明日の第4戦で北朝鮮女子代表に勝って下さい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野田新総理の高評価、蟷螂の斧・山内康一

2011年09月05日 19時07分09秒 | 国際・政治

報道各社の世論調査によれば、野田新政権は高評価です。
鳩山政権も菅政権も最初は高評価だったことを考えると、
二度あることは三度ある、と思ってしまいます。

野田氏は人柄的には評判がよい人なのは知っていますし、
野田氏の低姿勢がプラスに作用しているようです。
挙党一致体制、派閥均衡人事も「今のところ」効果的です。

しかし、長期にわたって党内融和を図るのは、簡単ではありません。
先週は閣僚人事までだったので党内の不満は少ないですが、
今日以降、副大臣、政務官、各委員長と人事が明らかになれば、
ポストに就けなかった人たちの不満が高まってきます。

例えば「大臣はダメでも、副大臣くらいは」と思っている議員が、
民主党内に100人くらいはいるんじゃないかと思います。
同時に「副大臣はダメでも、政務官くらいは」と思っている議員も
100人くらいはいるかもしれません。
でもそんなにポストはありません。

多くの場合、【自己評価】>【他者評価】という図式があります。
ほとんどの人が、「実力よりも自己評価が高い」という法則です。
これまで何百人と面接してきた私自身の経験から言うと、
本人の実力を100とすると、自己評価が150くらいが普通です。

政治家志望の人の場合、自己評価が200~300もいます。
「ちっぽけな人間ほど、プライドが高い」という別の法則もあります。
虚栄心、貪欲、自己認識の誤り等の煩悩が重なり、不満を呼びます。

政府や党のポストは限られ、民主党議員の数は400人超です。
自己評価は高いのに、人事で評価されないと、不満のタネになり、
将来に禍根を残します。食べ物と人事の恨みは恐ろしいです。

最初はみんなに好かれる八方美人的スタートで高評価だったのに、
時間がたつにつれて敵が増えていく、というパターンとしては、
アメリカのオバマ大統領のケースがあります。

オバマ大統領は、たいへん演説がうまくて高評価だったわけですが、
演説の中では具体的な政策をほとんど語りませんでした。
オバマ大統領が語っていたのは、夢とか理想とかビジョンでした。
アメリカ大統領選挙は、それでよいのだと思います。

しかし、現職大統領になれば、賛否が分かれる政策判断を求められ、
賛成の人はいいですが、反対の人はだんだん不満が出てきます。
当たり前のことですし、仕方のないことです。

あのオバマ大統領でさえ、具体的な政策実行になれば敵が増え、
次の大統領選挙は危ないんじゃないか、と言われています。
野田さんも演説上手な点はオバマ大統領に似ているかもしれません。
オバマ大統領以上に人気が急落する可能性は高いでしょう。

野田新総理に対しては、霞が関全体が応援し、マスコミも高評価、
経団連もあたたかく、公務員労組も支持してくれるでしょう。

しかし、今の時代に誰にも痛みを伴わない政策なんてありません。
霞が関、公務員労組、経団連といった既得権擁護の御三家が、
全員一致して賛成できるのは、消費税増税くらいです。
消費税増税だけを優先するのじゃないかと心配です。

これから必要なのは「戦う改革」だと思います。
公務員制度改革で公務員労組と戦い、歳出削減や独法改革で霞が関と戦い、
規制改革で業界団体と戦い、金融政策で財務省・日銀と戦い、
いろんな摩擦を覚悟の上で改革を進めることが必要だと思います。
野田さん流の「ノーサイド」で大丈夫かな、と不安になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どじょうの野田佳彦首相はメザシの土光敏夫さんを見習えるか?

2011年09月05日 18時12分16秒 | 国際・政治

2011年09月04日 11時00分00秒 | 政治

◆私は、財界天皇といわれた経団連の土光敏夫元会長が創設した勉強会「竹の会」(大野正会長)に関係し、毎月の会合に出席している。そうしたことから、テレビ朝日が9月4日午前10時からの報道番組「Sフロントライン」に耳を引きつけられた。
◆「今必要なリーダー像〝メザシの土光さん〟」というタイトルをつけて、土光敏夫元会長を取り上げて特集していたからである。
「どじょう内閣」の野田佳彦首相誕生を機会に、今求められている日本のリーダー像について考えてみようという趣旨である。
財界トップでありながら質素に生活ぶりで国民の多くに感動を与えた土光会長が中曽根康弘内閣の臨時行政改革推進審議会の会長を引き受けたのは、まさに適任だった。
 政府は、二度のオイルショックで財政難に陥り、これを増税、とくに消費税(大型間接税)の導入によって、克服しようとしていた。だが、省庁の中に巣食っている様々な無駄を取り除かないまま、増税することに、国民の多くが反発していた。そこで、順序として、まず行革が求められたのである。
 その問題状況は、20数年前と今日とでは、根本的な違いはない。巨大な政府組織の隅々にまで、国民の目は届かない。
 これに徹底的にメスを入れたのは並大抵のことではない。土光会長は眼光鋭く行政組織に目を光らせてムダの削除に務め、かなりの成果を挙げた。
◆だが、ムダというものは、日々の積み重ねから各所で巣食い続ける。なかには、政府が配分した税金を密かに隠している機関も少なくない。官僚たちは常に「役得」という意識を持っており、既得権益を守るのに必死になっている。
 だから、行革は、間断なく行い続け、ムダを発見しも引き出させるしかない。
 野田佳彦首相は、財務相在任中、財務官僚により洗脳され、政治家の使命、役割を忘れ、あるいは押さえ込まれて。「消費税増税論者」に改造され、加えて東日本大震災以後は、「復興増税論」によっても丸め込まれてしまったと思われている。この結果、恩師、松下幸之助翁の「無税国家論」の理想を完全に忘却したと断じられている。
 こうした状況を憂えて、テレビ朝日は、わざわざ土光敏夫会長を取り上げたのであろう。
 戦後最低の首相、菅直人前首相は、石もて追われる如く、首相官邸を去った。
 本当に最低だったのは、東日本大震災の被災地の避難所で、多くの被災者が「1日パン1個」という窮乏生活を強いられている最中、菅直人前首相は、東京・赤坂あたりの高級料理店や、中華料理店などに秘書官あるいは伸子夫人らと連日の如く繰り出して、豪華な酒食を楽しんでいた。
 ロシアの映画監督エイゼンシュタインのモンタージュ法を想起させられるような光景だった。
◆江戸時代には、名君と言われた八代将軍徳川吉宗公や米沢藩主の上杉鷹山公のような立派な殿様がいた。質素倹約を旨とするつつましやかな生活により、家臣団に範を垂れたのである。その根本には、為政者の学問である儒教精神が存在した。だが、市民運動家から国政の頂点を極めた左翼政治家には、「民を思う心」のかけらもなかったのである。
◆いま、野田佳彦首相が誕生し、国民の多くが注目しているのは、「増税路線」を歩みながらの生活ぶりである。数十億円も確保されている官房機密費を菅直人前首相のように湯水の如く豪華な酒食に使いまくるのか、それとも質素な生活ぶりを示すのか?要監視だ! 

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

野田佳彦政権は、「古川元久国家戦略担当相―前原誠司政調会長―仙谷由人政調会長代行」は、増税一本槍で、「経済成長政策」への熱意を初めから放棄する亡国体制だ

◆〔特別情報①〕
 野田佳彦政権が、増税路線を濃厚にしていることから、果たして「経済成長戦略」を立案・実行できるか否か。この問題について、政府部内からも疑問符が投げかけられている。それは、「経済成長戦略」を立案・実行できるスタッフが、政権内に見当たらないからである。






板垣英憲の過去著書より連載しております↓

もくじ



3章 社会党が"野合連合"をした裏にあった台所事情
―官房機密費の蜜の味を求めた社会党―
政治力の源泉となる官房機密費の実態

 官房機密費の使途のなかで、重要なものの一つが、「国会対策」である。重要法案を国会で通過させるための力の源泉となる。
 これがうまくできないと、重要法案を一本も通すことができなくなる。その意味で国会対策こそ、政治の役割とされてきた。官僚にできる芸当ではない。官僚は、法案づくりや行政の面で威力を発揮しているが、法案は、国会で通してもらわなければただの画に描いたモチも同然である。法案審議・成立の過程で、国対族のプロたちと誼を通じていなくては、どうしようもない。

四王天延孝陸軍中将の名著「猶太(ユダヤ)思想及運動」 No.131


第三章 ロシヤ革命と猶太

前回からの続き

 此等の事柄は益々世界のユダヤをしてロシヤ政體を破壊してユダヤ解放を決行せざる可らざる如く輿諭を喚起したるや明かである。
 殊に米國に於てウィルソン大統領などの奔走は露國の革命に拍車をかけた事も確であろう。


新刊本が増刷(4刷)となりました。全国一般書店にて好評発売中!

孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学 (PHP文庫) 孫の二乗の法則 孫正義の成功哲学 (PHP文庫)
価格:¥ 620(税込)
発売日:2011-04-09




ソフトバンクを3兆円企業に育て上げた稀代の起業家・孫正義。その成功の原動力となったのが、自らの人生・経営哲学を「25文字」の漢字に集約した「孫の二乗の法則」である。これを片時も忘れないことで、孫は幾多の苦難を乗り越えてきた。では、私たちが自分の仕事や人生に活用するにはどうすればいいか。その秘訣を本書では伝授する。「孫の二乗の法則」を本格的に解説した唯一の書、待望の文庫化!(本書カバーより)

自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた―欲で結びついた野合政権の醜怪な素顔 (ポケットブック)
価格:¥ 1,325(税込)
発売日:1994-07

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

■■NEW7日目■ 横山武知のジェームススキナー365日語録

2011年09月05日 14時05分40秒 | 悩み

■自分を愛し、大切にすること

☆自分を犠牲にする人は、知らない間に他の人も
犠牲にしてしまうことがあります。

自分を愛して、大切にできない人は、
他の人を愛することも難しいのです。

そして、他の人を大切にできる人は、

自分が満たされることで、
他の人も満たすことができるということを知っているのです。

あなたは自分を愛していますか?
あなたは自分を大切にしていますか?
  
 
   
追伸:今日のたけしさんのブログ『昨日の都市伝説TVを見て・・』
http://ameblo.jp/yokoyamatakeshi/entry-11004394197.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人には、以心伝心、テレパシー能力というものがあり、

2011年09月05日 12時47分30秒 | 悩み

■人には、以心伝心、テレパシー能力というものがあり、
これがあることで、「阿吽の呼吸」が生まれます。

また、テレパシー能力が活性化して来ると、

「この人は同じ波長を持っているので、一緒に居て安心感がある、落ち着く」
あるいは、
「この人は嘘をついている、騙そうとしている、関わらないほうがいい」
といった感覚を、すぐに察知出来るようになります。

自分自身の直観と閃きによって、魂意識と、光の信号が響き合うので、
超感覚の一部として反応します。

それは、自分自身の内側から来る感覚の一部であるので、
この段階では、疑う余地が無くなります。

あなたは、テレパシー能力ありますか?
  
 
   
追伸:今日のたけしさんのブログ『昨日の都市伝説TVを見て・・』
http://ameblo.jp/yokoyamatakeshi/entry-11004394197.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加