高橋康彦の水彩スケッチ便り TAKAHASHI YASUHIKO watercolor painting

自転車世界旅からのスケッチをはじめとした透明水彩画紹介

製茶?

2017-05-19 23:02:41 | アート・文化
 山すそを刈り払って1,2年が経ち、八十八夜も過ぎて新葉を伸ばしたお茶の木らしきものが姿を見せてきました。20株ほどあります。先代が植えたものかと思われます。


 枝先を摘んでお茶葉にしてやります。

 せいろで蒸してもんでやりますが、お茶の香りというよりヨモギに近い匂いがします。一部をレンジで乾燥して試飲しました。美味しくはないがお茶と言えなくもない、という感じです。遅い時間に結構な量を飲んだので、寝つきが悪ければお茶の可能性は大です。腹を壊したりしびれが来たりしなければ、それなりに飲料に利用できるでしょう。もっとも、この後かびたり腐ったりすることなく乾燥できればのことですが。昨日今日の快晴が明日も続けば大丈夫でしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« scilla | トップ | 茶葉干し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL