高橋康彦の水彩スケッチ便り TAKAHASHI YASUHIKO watercolor painting

自転車世界旅からのスケッチをはじめとした透明水彩画紹介

パンク張り

2016-10-01 00:13:06 | アート・文化
 ねじくぎが刺さっています。パンク張りです。
 
 つい2週間前には右後輪折れ丸釘刺さりパンク張りしたばかりなのに、左後輪パンクです。昨夜、雨中にプールから走らせて帰って、今朝見たらペッチャンコタイヤでした。このタイヤは7月にスクリュー釘刺さりパンク修理したものです。その時が初めてのラジアルタイヤパンク修理でした。パンク修理セットは三、四十年前に買ってあったもので、ノリは新しいものを使いましたが、穴詰めコマは古いものでした。ですから、7月の修理がうまくいっていなかった、と思ったのですが、違いました。パーキングロット入口には水道メーター止水栓ボックスがあって、その上に自作スノコが敷設してあります。使っていたネジ釘が抜けてタイヤに刺さったもののようです。
 不幸は続く、とはよく言ったものです。数十年間ラジアルタイヤのパンク経験がなかったのに、ここ3か月で3回の、それぞれが独自の、パンクを経験するとは!
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツル性野菜 | トップ | 四季咲きピンクバラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート・文化」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL