息苦しい世の中で 自由に語り合える空間を

自由でも民主でもない この日本を もっともっとよりよく変えていくことができるように たくさんの知恵を語りましょう。

こんな駄洒落にも興奮したものだった

2017年04月20日 18時50分39秒 | 言葉の勘違い
いつのころか、もうすっかり忘れてしまったが。また、このblogに載せたのかも記憶にないが。

高校生のときだったと思う。
友達から、トイレで二人並んで用を足していたときに聞いたジョーク。

「俺の兄貴が、まだ付き合って間もない彼女を妊娠させてしまってね。」
「そうか、だいたんだね」

妙にその駄洒落に興奮したものだった。今でも覚えているのも、その衝撃が大きかったからだろう。

「よくもまあ、そんなにブラックなユーモアが出てくるね」と言われるが、それ以来、ジョークの本を読み漁ったせいかもしれない。

会話の中の冗談程度のものなのだが、残念ながら、私はジョークは創ることはできない。
できたらいいなと思うが、私の頭の限界なのだろう。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« からだから悲鳴が | トップ | 教育勅語のトリセツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。